天地有情

[LaTeX] snapshot --- LaTeXドキュメントの外部依存関係を一覧表示する

§1 はじめに

本パッケージは,LaTeX文書の所有者が文書の外部依存関係のリストを文書の最上部に埋め込む
ことができる形式で取得するのに役立ちます.
ドキュメントにそのような依存関係リストが含まれている場合,同じ出力を確実にするために常に
同じバージョンのドキュメントでドキュメントを処理するように調整することが可能になります.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/snapshot )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc snapshot を実行するか,
上記に同梱の snapshot.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

次の手順で行います.

(1)\RequirePackageステートメントをドキュメントの先頭に追加
     \RequirePackage {snapshot}
     \documentclass {article}


(2)文書に対してLaTeX を実行します.

     これにより,カレントディレクトリの ファイル jobname.dep に依存関係リストが生成されます.

(3)\documentclassの前に jobname.depファイルのコピーをドキュメントの先頭にペースト

§3 サンプル

次は,jsarticle documentclassとgraphicxパッケージを使用した例です.

これはLaTeX文書を手元に置いて,その場で同じ DVI/PDF ファイルを一貫して再現したい人にとって便利です.
TeXシステムへの定期的なアップグレードの予期しない副作用から,ドキュメントの保護ができます.

(1)ソースファイル(foo.tex)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\RequirePackage{snapshot}
\documentclass{jsarticle}

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\begin{document}
\includegraphics[width=3cm]{tiger.pdf}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2)コンパイルすると,カレントディレクトリに foo.dep が生成される.
   内容は次の通りです.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\RequireVersions{
*{application}{TeX} {1990/03/25 v3.x}
*{format} {LaTeX2e} {2017/01/01 v2.e}
*{file} {pldefs.ltx} {2016/06/26 v1.6e}
*{file} {jy1mc.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {jy1gt.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {jt1mc.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {jt1gt.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {kinsoku.tex} {0000/00/00 v0.0}
*{package}{snapshot} {2002/03/05 v1.14}
*{class} {jsarticle} {2017/01/13 v0.0}
*{package}{jslogo} {2016/07/14 v0.0}
*{package}{graphicx} {2014/10/28 v1.0g}
*{package}{keyval} {2014/10/28 v1.15}
*{package}{graphics} {2016/10/09 v1.0u}
*{package}{trig} {2016/01/03 v1.10}
*{file} {graphics.cfg}{2016/01/02 v1.10}
*{file} {dvipdfmx.def}{2016/07/11 v4.12}
*{file} {tiger.pdf} {Graphic v0.0}
}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(3)foo.dep の内容をコピーし,ドキュメント先頭にペーストします.
     最終結果は次のようになります.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\RequirePackage{snapshot}
\RequireVersions{
*{application}{TeX} {1990/03/25 v3.x}
*{format} {LaTeX2e} {2017/01/01 v2.e}
*{file} {pldefs.ltx} {2016/06/26 v1.6e}
*{file} {jy1mc.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {jy1gt.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {jt1mc.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {jt1gt.fd} {1997/01/24 v1.3}
*{file} {kinsoku.tex} {0000/00/00 v0.0}
*{package}{snapshot} {2002/03/05 v1.14}
*{class} {jsarticle} {2017/01/13 v0.0}
*{package}{jslogo} {2016/07/14 v0.0}
*{package}{graphicx} {2014/10/28 v1.0g}
*{package}{keyval} {2014/10/28 v1.15}
*{package}{graphics} {2016/10/09 v1.0u}
*{package}{trig} {2016/01/03 v1.10}
*{file} {graphics.cfg}{2016/01/02 v1.10}
*{file} {dvipdfmx.def}{2016/07/11 v4.12}
*{file} {tiger.pdf} {Graphic v0.0}
}
\documentclass{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\begin{document}
\includegraphics[width=3cm]{tiger.pdf}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(注) 上記をコンパイルしても,出力結果には何ら影響は与えません.

\RequireVersionsの構文は,* {ファイルタイプ} {ファイル名} {バージョン情報}です.
も一般的に使用されるファイルタイプは次のとおりです.
class, package, tfm, format, application, file

(4)もう一つの方法
     \RequirePackage[log]{snapshot}とし,パッケージオプション[log]を使います.
     情報は, foo.log に表示します.
     また,同時に端末画面(コンソール画面)にも表示します.

(EOF)
  1. 2017/02/17(金) 06:00:20|
  2. LaTeX Tools

LaTeX] alnumsec --- 英数字セクション番号

§1 はじめに

本パッケージでは,英数字のセクション番号を使用することができます. 例えば,A.はじめに III. 国際法
などです.出力は標準のLaTeXセクショニングコマンドを使用することができます.
ギリシャ文字,二重文字(bb)もサポートされています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/alnumsec )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc alnumsec を実行するか,
上記に同梱の alnumsec.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {alnumsec}
  を記述します.

2.2 コマンド

alnumsec00.png


§3 サンプル

alnumsec01.png

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage[usehighlevels]{alnumsec}
\alnumsecstyle{Laa}
\surroundarabic{}{} %末尾のドットなし

%
\begin{document}
\section{その1}
ああ
\subsection{TEST1}
ああ
\subsection{TEST2}
ああ
\subsubsection{TEST11}
ああ
\subsubsection{TEST12}
ああ
\section{その2}
\subsection{TEST2}
ああ
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(EOF)
  1. 2017/02/16(木) 06:06:58|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] hvfloat --- floatのキャプションとオブジェクトを独立して回転させる

§1 はじめに

本パッケージは,オブジェクト(テーブルと図形)とそのキャプションを異なる回転角度,
異なる位置に配置します.
主なコマンドは \hvFloat{float}{オブジェクト}{キャプション}{ラベル}です.
キャプションを右または左に配置し,回転させるためのオプションが用意されています.
nonFloat=trueを設定すると,フロートがそこに配置されます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/hvfloat )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc hvfloat を実行するか,
上記に同梱の hvfloat.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {hvfloat}
  を記述します.

2.2 コマンド

hvfloat00.png


§3 サンプル

hvfloat01A.png


hvfloat01B.png


(EOF)
  1. 2017/02/15(水) 06:03:02|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] jlreq --- もう一つの日本語ドキュメントクラス

§1 はじめに

本パッケージは,CSS,SVGおよびXSL-FOなどの技術で実現が求められる
日本語組版処理の要件 (Requirements for Japanese Text Layout)
の実装を試みる 日本語ドキュメントクラスです.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/jlreq )から
ダウンロードしてください.(TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされている)

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc jlreqを実行するか,
または, http://www.w3.org/TR/2012/NOTE-jlreq-20120403/ja/ をお読み下さい.

§2 使い方

2.1ドキュメントクラス に
  \documentclass[<options>] {jlreq}
  を記述します.

上記のマニュアルで平易に説明されています.標準的な文書クラスと同じように利用できます.

§3 サンプル

指定できる "エンジン" は platex, uplatex, lualatex です.
uplatex を使った簡単なサンプルを挙げておきます.

(1)ソースファイル(foo.tex)
   encoding: utf-8
   compile : ptex2pdf -l -u foo.tex

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[%
uplatex , %エンジン
a4paper , %用紙サイズ(a4paperがdefault)
book , %文書クラス(articleがdefault)
fontsize=10pt , %フォントサイズ(10ptがdefault)
line_length=40zw, %一行の文字数設定
jlreq_warnings , %日本語組版処理の要件に反する設定が行われた場合に警告
]{jlreq} %日本語クラスファイル
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{lxfonts} %newtxmathなど可
\parindent0pt
%
\begin{document}
\chapter{jlreqテスト}[日本語組版処理の要件の実装を試みる]
\section{吾輩は猫である}[夏目漱石]
吾輩は猫である.名前はまだ無い.
どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している.
吾輩\sidenote{黒猫}はここで始めて人間\sidenote{書生}というものを見た.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ.
この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である.\footnote{吾輩は猫である}

\section{画像を貼り付ける}[吾輩は猫]
\centerline{\includegraphics[width=3cm]{./IMAGE/jpg/blackcat.jpg}}

\section{表を作成}[果物価格表]

\centerline{\begin{tabular}{lrr}
\hline 品名 & 単価(円) & 個数
\\ \hline りんご & 100 & 5
\\ みかん & 50 & 10
\\ \hline
\end{tabular}}

\section{数式}
\[ \left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2=
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}=
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1}= \frac{\pi}{2} \]
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(2)結果

jlreq01.png



(3)lualatex を指定したときは,プリアンブルは次のように記述します.

\usepackage{luatexja}
\usepackage{graphicx}

(EOF)
  1. 2017/02/14(火) 06:08:58|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] hf-tikz --- 数式と数式部分を簡単にハイライトする方法

§1 はじめに

標準的なドキュメント内の式を強調する方法だけでなく,Beamerオーバーレイ認識仕様を使用して
プレゼンテーション内で強調表示する方法を提供します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/hf-tikz )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc hf-tikz を実行するか,
上記に同梱の hf-tikz.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {hf-tikz}
  を記述します.

以下が自動的にプリロードされます.
\RequirePackage{tikz}
\usetikzlibrary{shadings}
\RequirePackage{xparse}
\RequirePackage{etoolbox}

2.2 コマンド

hf-tikz00.png


§3 サンプル

3.1 共通事項

(1)プリアンブル部は次のにしています.

\documentclass[pdflatex,a4paper,12pt,ja=standard]{bxjsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage[customcolors,shade,markings]{hf-tikz}
\usepackage{amsmath,newtxmath}

(2)必須マクロとコンパイル方法

強調表示される部分の前後に区切り記号のペアを挿入することによって強調表示できます.
2回のコンパイル実行が常に必要であり,今回は,pdflatex filename.tex で行っています.
開始区切り文字は,\tikzmarkinマクロで,終了区切り文字は,\tikzmarkendマクロを使用します.

(3)マーカーID

マーカーIDとも呼ばれる区切り文字ラベルは,強調表示されている部分を一意的に特定する
必要があります.同じ名前を複数回使用すると、望ましくない結果につながります.

e.g , \[ x+\tikzmarkin{a}y\tikzmarkend{a}=400 \]
   {a}がマーカーIDです.

3.2 基本例

(1)Basic Sample

hf-tikz01.png


(2)大型演算子がある場合

  (a) のように,分数(fraction),和sum),積分(integral)などの演算子がある場合,
    標準コマンドのみでは適切ではありません.この場合,
  (b) のように,ボックスを区切るシフトオフセットを手動で指定する必要があります.

hf-tikz02.png


(3)Customize colors

customcolors オプションで,塗り潰しと境界線の色をカスタマイズできます.
このオプションを使用している間,次の2つのコマンドが使用でき,
ドキュメント内でいつでも使用できます.

(a) 塗り潰しと境界線の色のコマンド

・\hfsetfillcolor
・\hfsetbordercolor

(b) 次のキーを使用して塗りつぶしと境界線の色をカスタマイズすることもできます.

・set fill color (initial: fancybrown): this key sets the fill color;
・set border color (initial: fancyviolet): this key sets the border color.

hf-tikz03.png


(4)shadings

shade オプションは,陰影のある背景を有効にします.
使用可能なシェーディングは次のとおりです.

・vertical shading
・horizontal shading
・radial shading

hf-tikz04.png


(EOF)
  1. 2017/02/13(月) 06:22:21|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] genmpage --- LaTeXのミニページの一般化

§1 はじめに

本パッケージの目的は,LaTeXのミニページの柔軟性を高めることにあります.
ミニページの多くの設計パラメータを決定するスタイルを定義することが可能になっています.
Keyvalのオプションとスタイルを使用すると,簡単で一貫性のある方法で外観を判断できます.

ミニページのスタイルを決めるのに次の2つのコマンドがあります.
(a) \setkeys{GenMP}{key=value,..} でミニページのスタイルを決めることができます.
  {GenMP}は固定ラベルであり,1回のみ定義できます.
  本マクロを設定すると,自動的にスタイルとして反映されます.
  e.g. ・\setkeys{GenMP}{height=0.3\textheight,resetfont,fshape=it,inner=s}

(b) \defineMPstyle{<style>}{<definitions>}でミニページのスタイルを決めることができます.
  {<style>は可変ラベルであり,複数の定義ができます.
  e.g. ・\defineMPstyle{styleA}{resetfont,fsize=small,width=0.2\textwidth}
     ・\defineMPstyle{styleB}{resetfont,fsize=large,width=0.8\textwidth}
     
     styleA や styleB をオプションとして指定すると,スタイルとして反映されます.

従って,次の方法でスタイルを決めます.
・(a)の \setkeys だけを用いる.
・(b)の \defineMPstyle だけを用いる.
・あるいは,(a)+(b) の併用を用いる.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/genmpage )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc genmpage を実行するか,
上記に同梱の genmpage.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {genmpage}
  を記述します.

2.2 コマンド

genmpage00.png


§3 サンプル

genmpage01A.png


genmpage01B.png


(EOF)
  1. 2017/02/10(金) 06:13:52|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] embedall - 生成されたPDFに各種のソースファイルを埋め込む

§1 はじめに

生成されたpdfファイルにプロジェクトの作成に使用されたすべてのファイルを添付するために,
embedallパッケージを使用します.特に,画像,外部texファイル,外部コードなど重要なソース
ファイル自体を埋め込むことができます.

オプションを指定せずに,このパッケージを使用すると embedall はデフォルトですべての
ファイルを添付します.そうしたくない場合は,後述のオプションを指定する必要があります.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/embedall )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc embedall を実行するか,
上記に同梱の embedall.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {embedall}
  を記述します.

2.2 コマンド

embedall00.png


§3 サンプル

(注)
・lualatex でコンパイルしてください.
・PDFファイルは Acrobat Reader DC で開いています.

test.png


testB.png


(EOF)

  1. 2017/02/09(木) 06:02:21|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] longfigure --- ページを分割する図形環境

§1 はじめに

本パッケージは,よく知られているlongtableパッケージのコンポーネントを使用した
もので,ページをまたいだ単一の図としてストリームを表示できる環境を提供します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/longfigure )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc longfigure を実行するか,
上記に同梱の longfigure.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {longfigure}
  を記述します.

2.2 コマンド

longfigure00.png


§3 サンプル
longfigure01A.png


longfigure01B.png


8~12行はコメントアウトしてもOKです.

(EOF)
  1. 2017/02/08(水) 06:02:43|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] crbox --- 角(カド)が交差するボックス

§1 はじめに

本パッケージは,\crboxコマンドを実装しています.
このコマンドは,角に交差する線を持つボックスを生成します.

類似のものとして,拙著ブログ niceframe( http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-168.html )
があります.ご一読ください.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/crbox )から
ダウンロードしてください.また,ghab.mf( http://ctan.uib.no/macros/latex/contrib/ghab/ghab.mf )
もダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc crbox を実行するか,
上記に同梱の crbox-doc.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {crbox}
  を記述します.

2.2 コマンド

\crbox[<options>]{<text>}

<options>:
・curved
・hollowcurved

§3 サンプル

crbox01A.png


crbox01B.png


(EOF)
  1. 2017/02/07(火) 06:49:04|
  2. LaTeX Tools

[LaTeX] cprotect --- マクロ引数に verbatimテキスト などを許可する

§1 はじめに

本パッケージは,任意のコマンドの引数にverbatimテキストを含めることができます.
例えば,\footnote や \section のタイトル などにverbatim を置くことができます.

e.g. \cprotect\section{Include\verb/\verb/ anywhere!}

e.g. \cprotect\footnote{Like this one: \verb/!@#$%^&*()_+/.}

また,ネスティングもサポートされています.

e.g. \cprotect\section{Title \cprotect\emph{emphasized} word}


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/cprotect )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc cprotect を実行するか,
上記に同梱の cprotect.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {cprotect}
  を記述します.

2.2 コマンド

cprotect00.png


§3 サンプル

cprotect01A.png


cprotect01B.png


(EOF)
  1. 2017/02/06(月) 05:54:39|
  2. LaTeX Tools
前のページ 次のページ