天地有情

[LaTeX] biblatex ~初歩の初歩~ ---- もう一つの[参考文献]生成ツール

biblatex ~初歩の初歩~ ---- もう一つの[参考文献]生成ツール

§1.はじめに

TeX の文献管理といえば bibtex が定番ですが,現在では biblatex + biber というのがあって,
bibtex よりもカスタマイズ化が容易なようです.日本語ドキュメントが皆無ですが,マニュアル
を参考にしながら紹介します.

bib01.png

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.
すぐに利用できる状態にあると思われます.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc biblatex を実行してください.
(265ページもある英文マニュアルです)

マニュアルには次のように書かれています.

bib02.png

§2.関連するディレクトリ構成

w32TeX における biblatex に関連するディレクトリ構成を示します.

bib03.png

また,w32tex/bin に次の実行コマンドがあります.

C:/w32tex/bin/biber.exe

§3.サンプル

簡単なサンプルで説明します.

3.1 文献データベースファイル --- myreference.bib

参考文献のリストを出力させるには,はじめに,その拡張子を[~.bib]とした文献データベースファイル
を作成します.これを myreference.bib とします.文字コードは UTF-8 とします.

bib04.png

説明:

(1) [文献カテゴリ]は @book としました.この他に @article, @booklet, など30種あまり用意されています.
(2) [文献引用キー]は,通常は著者名の略称などです.
(3) [フィールド]は author, title, publisher, year にしてありますが,多数あります.

※ 詳しくはマニュアル 2.1 Entry Type の項を参照して下さい.

3.2 文書ファイル --- main1.tex

myreference.bib を取り込み参考文献のリストを出力するための main1.tex を作成します.
文字コードは UTF-8 とします.

main1.tex

bib05.png


説明:

1行目  :クラスファイルは ltjsarticle ですが, article, scrartcl などでも構いません.
      jsarticle, ujarticle などは 末尾の §7,§8 を参照してください.
 
2~5行目:\usepackage[]{biblatex} 
      backend=biber はデフォルトであり記述不要ですが,backend=bibtex の場合は
      明示する必要があります.
      bibstyle=ieee 文献スタイルは多数用意されています.今回は ieee を使用しています.
 
7行目  :myreference.bib のすべての文献を出力するようにしています.

8行目  :\addbibsource は従来の \bibliography に対応しますが,拡張子が必要です.
      複数の .bib がある場合には \addbibsource を使って一つずつ追加していきます.
 
12行目 :出力したい場所で \printbibliography[title=参考文献] を記述します.
      従来の \bibliography{..} に対応します.なお,単に \printbibliography だけだと「参考文献」
      の代わりに「Bibliography」が title になってしまいます.それを避けるために、[title=参考文献]
      として日本語の title を指定しています.

3.3 コンパイル

それでは, main1.tex をコンパイルします.手順は次の通りです.

(1) luajitlatex main1[.tex]
(2) biber main1[.bcf] ---( bcf=bibcotrol file )
(3) luajitlatex main1[.tex]
(4) luajitlatex main1[.tex]

※ [.tex], [.bcf] は省略可能であることを示します.

説明:

(1) main1.tex をコンパイルすると, .bcf が生成されます.
(2) .bcf を biber すると,.bbl が生成されます.
(3) .bbl の情報を本文に取り込みます.
(4) 文献引用が完成します.

3.4 結果 --- 参考文献の出力

bib06.png

§4.citeスタイルのカスタマイズ

4.1 authoryear スタイル

デフォルトは[1],[2],... のような numeric スタイルです.たくさんのスタイルが用意されていますが,
natbibのよう なauthoryear スタイルもあります.
\usepackage[style=authoryear]{biblatex} を指定して,前出例のサンプルで実行してみます.

bib07.png

4.2 結果 --- 参考文献の出力

bib08.png


§5.従来の bibtex を使う

biblatexパッケージには,データのバックエンドとして,従来の bibtex を使用することができます.
\usepackage[backend=bibtex,bibstyle=publist] を指定して,前出例のサンプルで実行してみます.

5.1 文献データベースファイル
(myreference.bib)は前出と同じです.

5.2 文書ファイル --- main2.tex

main2.tex

bib09.png


説明:

3行目:backend=bibtex を指定しています.

4行目:bibstyle=publist を指定しています.

5.3 コンパイル --- pbibtex を使用

(1) luajitlatex main2
(2) pbibtex -kanji=utf8 main2
(3) luajitlatex main2
(4) luajitlatex main2

5.4 結果 --- 参考文献の出力

bib10.png

§6.bibtex8 (8bit,強化版)について

従来の bibtex のバイナリが biblatex を実行するのに十分ですが,文献リストが[欧文の場合に限り]
bibtex8 を使用することが勧められています.

6.1 文献データベースファイル --- myref.bib (欧文のみのbibファイル)

bib11.png

6.2 文書ファイル --- main3.tex

main3.tex

bib12.png


6.3 コンパイル --- bibtex8 を使用

(1) luajitlatex main3
(2) bibtex8 main3
(3) luajitlatex main3
(4) luajitlatex main3


6.4 結果 --- 参考文献の出力

bib13.png

§7.uplatex + biber

7.1 文献データベースファイル

(myreference.bib)は前出と同じものを使います.

7.2 文書ファイル --- main4.tex

main4.tex

bib14.png


説明:

1行目,3行目: クラスファイルは jsarticle オプション[uplatex]付き,あるいは ujarticle を使います.
 
6行目    : backend=biber を指定しています.

7.3 コンパイル --- uplatex + biber を使用

(1) ptex2pdf -l -u main4
(2) biber -E=utf8 -u -U main4
(3) ptex2pdf -l -u main4
(4) ptex2pdf -l -u main4

※ (2)のオプション説明:
    -E --bblencoding のshortcut
    -u --input_encoding=UTF-8 のshortcut
    -U --output_encoding=UTF-8 のshortcut

いずれも, コマンドラインから biber --help を実行するとオプション説明が得られます.

7.4 結果 --- 参考文献の出力

bib15.png


※ 書名がゴシック体,欧文がイタリック体で表示されています.

§8.ptex-ng + biber

新しい処理系 ptex-ng を使った場合,上記 §7.と全く同様です.コンパイルは,

(1) platex-ng main4
(2) biber -E=utf8 -u -U main4
(3) platex-ng main4
(4) platex-ng main4

§9.uplatex + pbibtex

前出(§7)において,backend=bibtex とした場合のコンパイルは pbibtex を使います.

(1) ptex2pdf -l -u main4
(2) pbibtex -kanji=utf8 main4
(3) ptex2pdf -l -u main4
(4) ptex2pdf -l -u main4

※ (2)で pbibtex の代わりに upbibtex を使うと,ビジー状態になりコンパイル失敗となります

EOF
スポンサーサイト
  1. 2014/12/27(土) 13:57:55|
  2. LaTeX Tools