天地有情

[LaTeX] gincltex --- 外部のグラフィックファイルを取り込む

gincltex --- 外部のグラフィックファイルを取り込む

§1 概 要

gincltex パッケージは標準の LaTeXパッケージ graphicx 上に構築されています.
外部のLaTeXソースファイルはグラフィックファイルを含めることができ,次の形式で利用できます.

   \includegraphics[<options>]{<file>.tex}

LaTeXファイル(.tex)では,picture環境, pspicture, pgfpicture または tikzpicture も利用できます.

graphicxはマニュアルに記載され \includegraphics のすべてのオプションがサポートされます.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.
すぐに利用できる状態にあると思われます.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc gincltex を実行してください.

§2 Example

2.1 tikzpicture環境ファイルを取り込む

tkz-sub.tex に tikzpicture環境ファイル を作成し,これを tkz-main.tex に取り込みます.

■ tkz-main.tex

gincl01.png


\includegraphicsコマンドには標準オプション width, scale, angle などが付加できます.
また,figure環境で囲むこともできます.

■ tkz-sub.tex

gincl02.png


■ コンパイル

今回はクラスファイルに ltjsarticle を使いましたが, article, scrartcl, jsarticle などでも構いません.

  luajitlatex tkz-main.tex
  あるいは
  lualatex tkz-main.tex

■ 結果

gincl03.png


2.2 picture環境ファイルを取り込む

pict-sub.tex に picture環境ファイル を作成し,これを pict-main.tex に取り込みます.

■ pict-main.tex

gincl05.png


\includegraphicsコマンドには scale=2 を付加しています.
また,figure環境で囲み,キャプションを付けています.

■ pict-sub.tex

gincl06.png


■ コンパイル

  luajitlatex pict-main.tex
  あるいは
  lualatex pict-main.tex

■ 結果

gincl04.png



2.3 standalone クラスを使う

上記の pict-sub.tex を使い,これを st-main.tex に取り込みます.

■ st-main.tex

gincl07.png


\includegraphicsコマンドには scale=2 を付加しています.

■ pict-sub.tex

gincl08.png


■ コンパイル

  luajitlatex st-main.tex
  あるいは
  lualatex st-main.tex

■ 結果

gincl09.png








スポンサーサイト
  1. 2014/11/16(日) 14:28:52|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[pTeX-ng] pTeX-ng 備忘録 -- 新しい TeX 処理系 | ホーム | [LaTeX] flow.exe --- LaTeXの picture環境 のフローチャートを生成する>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/89-1761e6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)