天地有情

[LaTeX] menukeys.sty -- メニュー·シーケンス,キーストロークなどのビルダー

menukeys.sty -- メニュー·シーケンス,キーストロークなどのビルダー

§1.はじめに
menukeysパッケージは主にソフトウェアのメニュー·シーケンス,フォルダやファイルまたはキーストロークを解析し,
印刷するように設計されたビルダーです.ほとんどの事前定義されたスタイルは,TikZの機能を使用しています.
ここに幾つかの例を紹介します.例えば,次のようなものです.

menukeys09.png


1.1 インストール
TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.
すぐに利用できる状態にあると思われます.

1.2 マニュアル
コマンドラインから texdoc menukeys を実行してください..

§2.LaTeX2e 文書での指定方法
プリアンブルに
   \usepackage[<options>]{menukeys} を記述します.

2.1 書式のサンプル

  以下に列挙するサンプルの書式を示します.
  
  sample.tex
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  %% 文字コード:UTF-8
  \documentclass{ltjsarticle}
  \usepackage{menukeys}
  \begin{document}
   == ここに menukeys コマンドを記述 ==
  \end{document}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ★クラスファイルは ltjsarticle を使っていますが,scrartcl や article でも構いません.
  ★文字コードは UTF-8 とします.
  ★以下のサンプルは menukeys コマンドのみが記述されています.

2.2 コンパイルの仕方
  luajitlatex sample.tex
  または
  lualatex sample.tex

2.3 コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

§3. パッケージオプション および コマンドの種類
パッケージには、いくつかのオプションを実装しています。それらは、異なるオペレーティングシステム間で
キー修飾の違いを処理し、キーボードショートカットを組版するときのみ必要です.デフォルト値はmacです.

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   %Windows
   \usepackage[os=win]{menukeys}

   %Mac OS X (symbols)
   \usepackage[os=mac, mackeys=symbols]{menukeys}

   %Mac OS X (text)
   \usepackage[os=mac, mackeys=text]{menukeys}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3.1 Menu sequences コマンド
   コマンド: \menu[option]{<menu sequence>}
   
入力リストの区切りを指定するための [option] の引数をもっています.デフォルト値は ">" です.

   option: /, =, *, +, ,, ;, :, -, >, < and bslash (to use \ as separator)

menukeys01.png



3.2 Directory path names コマンド
ディレクトリパス名は出力に小さな矢印の頭に変換されます.デフォルトのセパレータは "/" です.

   コマンド: \directory{<path and files>}    

menukeys02.png


3.3 Keyboard shortcuts コマンド
キーボードショートカットは,キーの組み合わせが特定のアクションのために押されるように記述します.
キーの間に使用されるデフォルトのセパレータは,プラス記号 "+" です.

   コマンド: \keys{<keystrokes>}

menukeys03.png


定義済みのキーボードショートカットを以下に示します.

menukeys04.png


\usepackage[os=mac, mackeys=symbols]{menukeys} とした場合の例を示します.

menukeys05.png


§4. スタイルの変更
パッケージには、スタイルのセットが付属しています.いくつかのスタイルは他のものより大幅に、あるいは微妙に
外観の変更が可能です.
使用可能なスタイルの完全なリストについては,パッケージのドキュメントを参照してください。
スタイルを変更するには、パッケージには,次のマクロを提供します.

   \renewmenumacro{list}[separator]{style}

4.1 サンプル1

menukeys06.png


4.2 サンプル2

menukeys07.png


出力結果は全く同じです.

Note:
セパレーターの前または後に追加のスペースは、パッケージによって無視されます.
すなわち A + B, b および A+ Bとまったく同じ結果を生成されます.

§5. カラーの変更

\changemenucolor{<name>}{<element>}{<model>}{<color definition>}

<name> gray %default
<element> bg, br, or txt %bg(background), br(border), txt(text)
<model> named, rgb, cmyk, ...
<color definition>

menukeys08.png






スポンサーサイト
  1. 2014/10/31(金) 07:37:56|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[LaTeX] tkz-fct入門 -- 数式をグラフ化する | ホーム | [LaTeX] smartdiagram.sty -- 文書やプレゼンで使用できるダイアグラム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/85-d4e770f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)