天地有情

[LaTeX] exsheets入門 ~初歩の初歩~

[LaTeX] exsheets入門 ~初歩の初歩~

§1.概要

[演習問題と解答]を作成するスタイルファイルには, exercise , answers , exam など多くあります.
ここで紹介する exsheets.styパッケージ もその一つですが,次のような特徴があります.

a) 演習や質問とそれに対応するソリューション(解決方法)を作成する手段を提供.
b) 質問がクラスに分けることができ、選択的に印刷することができる
c) ソリューションは,印刷することができ,全部または個別に収集することができる.
d) 質問やソリューションの見出しをスタイリングするための総合的なインタフェースを提供.

■ マニュアル: コマンドラインから texdoc exsheets と打ち込んでください.

§2.Setup

■ \usepackage[<options>]{exsheets}

<options> は次の通りです.

ex-opt01.png


■ \begin{question}[<options>]{<points>} ~ \end{question}

<options> は次の通りです.

ex-opt02.png


■ \begin{solution}[<options>] ~ \end{solution}

<options> は次の通りです.

ex-opt03.png



これらのオプションは,\SetupExSheets コマンドを使用しても設定することができます.

■ \SetupExSheets[<module>]{<options>}

例えば,question環境のいくつかのオプションを指定したい場合は,

\SetupExSheets[question]{option1,option2=value2}
% or:
\SetupExSheets{question/option1,question/option2=value2}


§3.基本的な例題

question環境では,"Exercize" と出力され,solution環境では,"Solution"と出力されますので,
次のように日本語に設定しておきます.

\SetupExSheets{question/name=問題}
\SetupExSheets{solution/name=解答}

solution環境ではデフォルトでは結果は出力されません.個別に出力させたい場合には print オプション
を指定します.

\begin{solution}[print]

一括して出力させたい場合には,出力させたい所でコマンド \printsolutions を指定します.

=================================================
%文字コード:UTF-8 ; source01.tex
%
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[ipa]{luatexja-preset}
\usepackage{exsheets}
\usepackage{amsmath,newtxtext,newtxmath}
%
\SetupExSheets{question/name=問題}
\SetupExSheets{solution/name=解答}
%
\begin{document}
\section*{例題演習}
\begin{question}
次の積分値を求めなさい。

\[ \left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2=
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}=
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1} \]
\end{question}

\begin{solution}
   $ \dfrac{\pi}{2} $
\end{solution}

\begin{question}
次の各論理式を簡単化せよ.
  \begin{enumerate}
    \item $f=AB+A\bar{B}+\bar{A}B$
    \item $f=AB\bar{C}+A\bar{B}\bar{C}+AB\bar{C}+\bar{A}B\bar{C}$
  \end{enumerate}
\end{question}

\begin{solution}
  \begin{enumerate}
    \item $f=A+B$
    \item $f=(A+B)C$
  \end{enumerate}
\end{solution}

\hspace{2cm}

【解答編】

\printsolutions

\end{document}
=================================================

コンパイル: luajitlatex source01.tex

結果:

ex-opt04.png



§4.点数配分の例題

各問題に対してポイントが配分できます.
デフォルトは P[oint] ですが,次のように日本語に設定しておきます.

\SetupExSheets{points/name=点}

点数の合計は \totalpoints で集計できます.

=================================================
%文字コード:UTF-8 ; source02.tex
%
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[ipa]{luatexja-preset}
\usepackage{exsheets}
\SetupExSheets{points/name=点}
%
\begin{document}
\begin{question}{3}
This is our first difficult question that is worth 3 points!
% 3point を付加する.{3}
\end{question}

\begin{question} { !2 }
This question's points won't be added to the total sum.
% ポイントが合計に追加されない.{!2}
\end{question}

\begin{question}{1+1}
This question is worth 1 point and 1 bonus point.
% 1point の他に1ボーナスポイントが付加される.{1+1}
\end{question}

\begin{question}{ +3}
This question is a bonus question. It is worth 3 bonus points.
% 3ボーナスポイントが付加される.{+3}
\end{question}
配分点集計 = \totalpoints
\end{document}
=================================================

コンパイル:
luajitlatex source02.tex
luajitlatex source02.tex

<注意>: 点数集計の時は,2回コンパイルします.

結果:

ex-opt05.png


ポイント4点,ボーナスポイント4点となります.

ボーナスポイントを含まない配分点集計には \pointssum も利用できます.


スポンサーサイト
  1. 2014/07/07(月) 13:26:38|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[LaTeX] csvsimple -- CSVで表作成 ~初歩の初歩~ | ホーム | [LaTeX] latexdemo --- もう一つの example系>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/78-57fea385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)