天地有情

[LaTeX] yax --- もう一つのキーシステム (旧名: yax.sty を使ってみる)

更新版:2017/03/12
§1 はじめに

YaXはキーシステムは,パラメータで属性を編成しています.パラメータは実行でき,
YaXはキー管理とマクロ定義の中間に位置しています.
属性に割り当てられた値は,さまざまな方法で取得およびテストできます.

\newcommand で語句の定義ができますが,代わりに yax 中のコマンド \setparameter と \usevalue
を使った例について説明します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/yax )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc yax を実行するか,
上記に同梱の yax.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {yax}
  を記述します.

2.2 コマンド

(1)設定
     \setparameter キー:
     属性1 = パラメータ1
     属性2 = パラメータ2
     \par

※ 最終行には \par あるいは 空行を置きます.
※ パラメータが文字列の場合にはダブルコーテーション("~")で囲みます.

(2)参照
     \usevalue キー:属性1
     \usevalue キー:属性2

§3 サンプル

yax01.png


(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 13:53:42|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Sphinx で texinfo を生成してみる [Windows対応] | ホーム | [LaTeX] vmargin.sty の備忘録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/71-67ef1ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)