天地有情

ConTeXt 雑記(7) --- Table

テーブル(表)の作成について説明します.
ConTeXt には表を作成するために次の2つの環境が用意されています.


(A)標準表組み : \starttable ~ \stoptable
(B)タビング表 : \starttublate ~ \stoptabulate

(A)は(p)LaTeX の tabular & array環境,(B)はtabbing環境に対応するものです.

(1)標準的な表組みについて
コマンド形式:
\placetable[option][ref]{caption}{material}
option : here, force, top, bottom, left, right, page など
ref : 参照ラベル
caption : キャプション
material: 表本体

\starttable[カラムフォーマット]~\stoptable

詳細は\setupfloats, \setuptables, \setupcaptions など参照下さい.

(2)簡単な表を作成してみる
例1:横罫線を引く場合(\HL)
---------------------------------------
\placetable[here][tbl:001]{標準テーブル-I}{%
\starttable[|l|r|r|]
\HL
\NC 品名 \NC 単価(円) \NC 個数 \NC\AR
\HL
\NC りんご \NC 100 \NC 5 \NC\AR
\NC みかん \NC 50 \NC 10 \NC\AR
\NC マンゴ \NC 300 \NC 8 \NC\AR
\HL
\stoptable
}
---------------------------------------
説明
● 各行の要素間は \NC で結びます.改行は \AR (他にもありますが\ARで記述します)
● カラムフォーマットの基本には以下などがあります.
| ---------- column separator
c ---------- center column
l ---------- flush left column
r ---------- flush right column
p(dim) ---------- set each cell as a paragraph

● 横罫線を引く場合は \HL を使います.罫線の太さを指定するには \HL[2] などのように
オプションに[数値]を指定します.
● 縦罫線を引く場合は 上記の例には有りませんが,\VL を使います.
● 参照するには,\in を使います.

\in{表}[tab:001]は.......

例2:縦横の罫線を引く場合(\VL)
---------------------------------------
\placetable[here][tbl:002]{標準テーブル-II}{
\starttable[|l|r|r|]
\HL
\VL 品名 \VL 単価(円) \VL 個数 \VL\AR
\HL
\VL りんご \VL 100 \VL 5 \VL\AR
\VL みかん \VL 50 \VL 10 \VL\AR
\VL マンゴ \VL 300 \VL 8 \VL\AR
\HL
\stoptable
}
---------------------------------------

例3:カラム指定のいろいろ
---------------------------------------
[|*{n}{B}r|] ---------- n行分ボールド体にする.
[|*{n}{C{red}}] ---------- カラー(red)にする.
[|Ml|] ---------- Display math mode にする.
[|ml|] ---------- math mode にする.
[|w(2cm)r|] ---------- セル幅を2cmにする.
[|p(3cm)|] ---------- セル幅を3cm(パラグラフモード)
---------------------------------------

例4:カラム仕様にテンプレートを使う
\definetabletemplate でカラム仕様を一括で扱えるようにします.
---------------------------------------
\definetabletemplate[Z][|*{3}{C{red}}l|r|r|]
\placetable[here,force][tab:001]{none}
\starttable[Z] % <-- [Z]で代用
\HL
\VL 品 名 \VL 価格 \VL 個数 \VL\AR
\HL
\VL りんご \VL 100 \VL 5 \VL\AR
\HL
\VL みかん \VL 50 \VL 10 \VL\AR
\HL
\stoptable
---------------------------------------

(3)複数の表を並置する
コマンド形式:
\placetable[Option][ref]{全体caption}
\startcombination[C*R] % C=Column数, R=Row数
{\starttable[カラム仕様] ~ \stoptable}{個別caption}
{\starttable[カラム仕様] ~ \stoptable}{個別caption}
: (必要分繰り返す)
{\starttable[カラム仕様] ~ \stoptable}{個別caption}
\stopcombination

例5:2列1行に表を配置する
---------------------------------------
\placetable[here,force][tab:003]{複数表組みの並置}
\startcombination[2*1] %2列1段
{\starttable[|l|r|r|]
\HL
\VL 品名  \VL 価格 \VL 個数 \VL\AR
\HL
\VL りんご \VL 100 \VL 5 \VL\AR
\VL みかん \VL 50 \VL 10 \VL\AR
\VL マンゴ \VL 300 \VL 8 \VL\AR
\VL 梨   \VL 130 \VL 15 \VL\AR
\HL
\stoptable}{定価表}
%
{\starttable[|c|c|]
\HL
\VL \bf Year \VL \bf Citizens \VL\AR
\HL
\VL 1675 \VL 428 \VL\AR
\VL 1795 \VL 1124 \VL\AR
\VL 1880 \VL 2405 \VL\AR
\VL 1995 \VL 7408 \VL\AR
\HL
\stoptable}{Citizens}
\stopcombination
---------------------------------------

(4)表の周りにテキストを配置
コマンド形式:
\starttabletext[position][ref]{caption}{material} ~ \stoptabletext

例6:
---------------------------------------
\starttabletext[right][tab:016]{定価表}{
\starttable[|l|r|r|]
\HL
\VL 品名  \VL 価格 \VL 個数 \VL\AR
\HL
\VL りんご \VL 100 \VL 5 \VL\AR
\VL みかん \VL 50 \VL 10 \VL\AR
\VL マンゴ \VL 300 \VL 8 \VL\AR
\VL 梨   \VL 130 \VL 15 \VL\AR
\HL
\stoptable}
%
吾輩は猫である.名前はまだ無い.\par
どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは
記憶している.吾輩はここで始めて人間というものを見た.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族で
あったそうだ.この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うと
いう話である.しかしその当時は何という考もなかったから別段
恐しいとも思わなかった.ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上
げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである.
\stoptabletext
---------------------------------------

(5)タビング表
ConTeXt には LaTeX と類似の機能をもつ,``Tabbing''があります.

コマンド形式:
\starttabulate[カラム仕様] ~ \stoptabulate

例7:
---------------------------------------
\starttabulate[|l|l|]
\NC A. \NC This Perfect Day \NC\AR
\NC B. \NC Opstaan op Zaterdag \NC\AR
\NC C. \NC Tot waar zal ik je brengen \NC\AR
\NC D. \NC The City And The Stars \NC\AR
\stoptabulate
---------------------------------------



スポンサーサイト
  1. 2013/03/20(水) 08:06:08|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ConTeXt 雑記(8) --- Itemize | ホーム | ConTeXt 雑記(6) --- Figure>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/7-e801cefe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)