天地有情

[TeX][ConTeXt] 初めての ConTeXt(Mark IV) で日本語してみた.

初めての ConTeXt(Mark IV) で日本語してみた.

ConTeXt(Mark IV) はエンジン部に luatex が使われます.
これは現在でも開発が進められています.エンコーディングは utf-8 です.

組版するコマンドには,次の3つのコマンドが用意されています.
いずれのコマンドを使っても構いません.

(1)context foo.tex
(2)contextjit foo.tex
(3)mtxrun --script context foo.tex

それでは,日本語を含む ConTeXt 文章を ConTeXt(MkIV) で組版できるか試してみましよう.

   ★ W32TeX ではConTeXtは標準的に配布されており,Windows上で実行してみます.

以下の内容を foo.tex で保存します.
   ★ ネットを徘徊して情報を収集した内容が網羅されています.

========================================================================
\usemodule[simplefonts] [size=8pt] % add
\setuppapersize[A5][A5]
\setscript[hanzi] \setscript[nihongo] %changed
\setmainfont[Meiryo] [size=8pt] % del
\setsansfont[ipagothic] [size=8pt] % del
\setmonofont[ipagothic] [size=8pt] % del
\setupbodyfont[8pt]
\mainlanguage[ja]
\language[ja]
\setupcolors[state=start]
%
\starttext
\starttitle
[title={吾輩は猫である}]
\stoptitle

はじめての \ConTeXt{}(mkiv) で日本語タイプセット.

練習用に『吾輩は猫である』を書いてみる.

\blank[big]

吾輩は猫である.{\red 名前は}まだ無い.

どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している.
吾輩はここで始めて人間というものを見た.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ.
この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である.
しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった.
ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあった
ばかりである.

\blank[big]

\midaligned{\externalfigure[cat][width=3cm,type=png]}

\blank[big]

掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう.
この時妙なものだと思った感じが今でも残っている.
第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ.
その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない.
のみならず顔の真中があまりに突起している.
そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く.
どうも咽せぽくて実に弱った.
これが人間の飲む煙草というものである事はようやくこの頃知った.

この書生の掌の裏でしばらくはよい心持に坐っておったが,
しばらくすると非常な速力で運転し始めた.
書生が動くのか自分だけが動くのか分らないが無暗に眼が廻る.
胸が悪くなる.到底助からないと思っていると,どさりと音がして眼から火が出た.
それまでは記憶しているがあとは何の事やらいくら考え出そうとしても分らない.

\stoptext
========================================================================

● simplefonts はConTeXt Mark IV でフォントを使うときの簡単なインターフェースを提供します.
● 用紙はA5サイズ,文字サイズは8pt に設定します.
● \setmainfont, \setsansfont, \setmonofont には、それぞれ serif, sans, mono 書体を通常指定します.
  メインフォントは「Meiryo」にしてあります.
  fc-list > fontName.txt などとすれば,利用できるフォント名がわかります.
● \setscript[hanzi]は日本語が行分割できるモジュールです.



context foo を実行することで、foo.pdf が得られます.

foo.png



まだまだ...ですね.【要努力】と言ったところです.



スポンサーサイト
  1. 2014/01/26(日) 11:32:24|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<lualatex用の日本語クラスファイル | ホーム | tcolorbox.sty を使ってみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/62-1fdfebbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)