天地有情

tcolorbox.sty を使ってみた

tcolorbox.sty を使ってみた.

§1.概要

tcolorboxは見出しで着色し,フレーム,テキストボックスのための環境を提供します.
ボックスは、上部と下部とに分割することもでき,
ボックスの一部がソースコードを表示し,他の部分は出力を示すために使用することなど,種々考えられます.

ドキュメント(tcolorbox.pdf)は約250ページもあり,多数のオプションやライブラリの説明が用意されており,
多種多様なサンプルが示されています.

今回は基本的な事柄についてのみ説明します.

■ インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされていますので,インストール作業は必要ありません.

小生の場合のインストール先は次の通りでした.

☆ パッケージ : ...\texmf-dist\tex\latex\tcolorbox\tcolorbox.sty
☆ ドキュメント: ...\texmf-dist\doc\latex\tcolorbox\tcolorbox.pdf

§2.LaTeX2e 文書での指定方法

プリアンブルに
   \usepackage{tcolorbox}

を記述します.

本文での記述形式は,

   \begin{tcolorbox}[<options>] ~ \end{tcolorbox}

となります.

■ 書式のサンプル

  書式のサンプルを示します.
  
  sample.tex
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  %% 文字コード:UTF-8
  \documentclass{scrartcl}
  \usepackage{luatexja}
  \usepackage{luatexja-fontspec}
  \usepackage[ipa]{luatexja-preset}
  \usepackage{tcolorbox}
  \begin{document}
   \begin{tcolorbox}[option]
     :
     :
   \end{tcolorbox}
  \end{document}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ★クラスファイルは scrartcl を使っていますが,ltjsarticle や article でも構いません.
  ★文字コードは UTF-8 とします.
  ★以下のサンプルは \begin{tcolorbox}[option]~\end{tcolorbox}部分 のみを記述してあります.

■ コンパイルの仕方
  luajitlatex sample.tex
  または
  lualatex sample.tex

■ コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら sample.pdf が生成されます.

§3.サンプル

  (1)基本的なボックスの構成
  
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\begin{tcolorbox}[colback=red!5!white,colframe=red!75!black,title=吾輩は猫である]
吾輩は猫である.名前はまだ無い.

どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している.
吾輩はここで始めて人間というものを見た.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ.
\tcblower
作者:夏目 漱石(なつめ そうせき,1867年2月9日(慶応3年1月5日) -
1916年(大正5年)12月9日)は,日本の小説家,評論家,英文学者.
本名、金之助(きんのすけ).江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身.
\end{tcolorbox}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tcb01.png


  (説明)
  1:オプション以外は,デフォルト値あるいは初期値を適用しています.
  2:上ボックスと下ボックスの境界は \tcblower で区分されます.
  3:オプションcolback=red!5!white は red=5%,white=95% の混合色を表します.

  (2)オプションのグローバル設定 -- \tcbset{<option>}      ただし,ネストされたボックスには適用されません.

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\tcbset{colback=green!10!white}
\begin{tcolorbox}[title=吾輩は猫である]
吾輩は猫である.名前はまだ無い.

どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している.
吾輩はここで始めて人間というものを見た.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ.
\par\medskip
 \begin{tcolorbox}[title=夏目 漱石]
作者:夏目 漱石(なつめ そうせき,1867年2月9日(慶応3年1月5日) -
1916年(大正5年)12月9日)は,日本の小説家,評論家,英文学者.
本名、金之助(きんのすけ).江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身.
 \end{tcolorbox}
\end{tcolorbox}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tcb02.png


  (3)\tcbox[<options>]{<box content>}の応用 -- その1

与えられた<box content>の幅に色付きのボックスを作成します.
原則として,<options>は,tcolorboxのいくつかの制限付きで \tcboxに使用することができます.

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\tcbset{colframe=blue!50!black,colback=white,colupper=red!50!black,
fonttitle=\bfseries,nobeforeafter,center title}
\tcbox[left=0mm,right=0mm,top=0mm,bottom=0mm,boxsep=0mm,
toptitle=0.5mm,bottomtitle=0.5mm,title=価格表]{%
\renewcommand{\arraystretch}{1.2}%
\begin{tabular}{l|r|r}
品名 & 単価(円) & 個数 \\\hline\hline
りんご & 100 & 5 \\\hline
みかん & 50 & 10 \\\hline
マンゴ & 300 & 8
\end{tabular}}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tcb03.png


  (4)\tcbox[<options>]{<box content>}の応用 -- その2

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\tcbset{colframe=blue!50!black,colback=white,colupper=red!50!black,
fonttitle=\bfseries,nobeforeafter,center title}
\tcbox[colback=blue!85!black,
left=0mm,right=0mm,top=0mm,bottom=0mm,boxsep=1mm,arc=0mm,boxrule=0.5pt,
title=森と湖]{%
\includegraphics[width=5cm]{pic.png}}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tcb04.png


  (5)ボックスの高さを揃える

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\tcbset{width=(\linewidth-1mm)/2,before=,after=\hfill,arc=0mm,
colframe=red!75!black,colback=white}
%
\begin{tcolorbox}[equal height group=A]
アインシュタインが特殊相対性理論の帰結として発表した関係式.質量とエネルギーの等価性およびその定量的関係を表している.
\end{tcolorbox}%
\begin{tcolorbox}[equal height group=A]
\[ E=mc^2 \]
\end{tcolorbox}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tcb05.png


  (6)TikZ で図形を描く -- ライブラリが必要(\usepackage{tikz})
  
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
% \usepackage{tikz}
\begin{tcolorbox}[tikz upper,fonttitle=\bfseries,colback=white,colframe=black,
title=TikZ drawing]
\path[fill=yellow,draw=yellow!75!red] (0,0) circle (1cm);
\fill[red] (45:5mm) circle (1mm);
\fill[red] (135:5mm) circle (1mm);
\draw[line width=1mm,red] (215:5mm) arc (215:325:5mm);
\end{tcolorbox}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

tcb06.png


  (7)Watermark (透かし文字・図形)

  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  (注)プリアンブルに\tcbuselibrary{all}を入れる.
\tcbset{colback=red!5!white,colframe=red!75!black,fonttitle=\bfseries}
\begin{tcolorbox}[enhanced,title=吾輩は猫である,watermark text=夏目漱石]
吾輩は猫である.名前はまだ無い.

どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している.
吾輩はここで始めて人間というものを見た.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ.
この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である.
しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった.
ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあった
ばかりである.

掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう.
この時妙なものだと思った感じが今でも残っている.
第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ.
その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない.
のみならず顔の真中があまりに突起している.
そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く.
どうも咽せぽくて実に弱った.
これが人間の飲む煙草というものである事はようやくこの頃知った.
\end{tcolorbox}
  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
tcb07.png

  
 ★ watermark text=夏目漱石 の箇所を watermark graphics=***.png のようにすると画像の透かしとなります.


§4.おわりに

オプションやライブラリが非常に豊富です.ドキュメント(tcolorbox.pdf)をお手本に
自習してみてはどうでしょうか.そして,自前のカラーボックスを作ってみてください.
Good luck !
スポンサーサイト
  1. 2014/01/18(土) 13:41:06|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[TeX][ConTeXt] 初めての ConTeXt(Mark IV) で日本語してみた. | ホーム | [LaTeX] Veen --- Venn図で遊ぼう! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/61-6267b9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)