天地有情

ConTeXt 雑記(6) --- Figure

画像を文書に貼り付けることに主眼を置いて記述します.
カラー画像の場合には \setupcolors[state=start] を予め宣言しておきます.

(1)文書に組み込み可能な画像フォーマットについて
ConTeXtがサポートする画像フォーマットはDVIウエアに依存しますが次の6種類です.

EPS(*)   Encapsulated PostScript
TIF(*)   Tagged Image File Format
JPG    Joint Photographic Experts Group
PDF    Portable Document Format
PNG    Portable Network Graphics
mps    MetaPost画像

注意: *印を付けた EPS と TIF は ConTeXt(MarkII Version) では扱えないようです.

(2)画像を貼り付ける
コマンド形式:
\placefigure[option][ref]{caption}{material}
option : here, force, top, bottom, left, right, page
ref : 参照ラベル
caption : キャプション
material: \externalfigure[画像名][parameter]
parameter: width, height, frame, type, scale など

詳細は\setupfloats, \setupexternalfigures, \setupcaptions など参照下さい.

例1:cat.pngを貼り付ける.
---------------------------------------
\placefigure[here,force][fig:001]{猫}%
{\externalfigure[cat][width=3cm,type=png]}
---------------------------------------
参照するには,\in を使います.

\in{図}[fig:001]は.......

例2:非フロートにするには \externalfigure を使います.
---------------------------------------
\midaligned{% 中央配置
\externalfigure[cat][width=3cm,type=png]}
---------------------------------------

例3:欄外に配置したい場合には
---------------------------------------
\inmargin{% 欄外配置
\externalfigure[cat][width=\marginwidth,type=png]}
---------------------------------------

(2)複数の画像を貼り付ける
コマンド形式:
● \useexternalfigure[識別名][画像][parameter]
parameter: width, height, scale, frame, type など

● \startcombination[C*R]{\externalfigure[識別名]}{caption} ~ \stopcombination
C*R : column数とrow数

例4:2列1行に画像を配置する
---------------------------------------
\useexternalfigure[DOG][dog][width=3cm,type=png]
\useexternalfigure[CAT][cat][width=3cm,type=png]
%
\placefigure[here,force][fig:002]{複数画像を並べる}
\startcombination[2*1]
{\externalfigure[DOG]}{愛犬タロ}
{\externalfigure[CAT]}{愛猫たま}
\stopcombination
---------------------------------------

(3)画像周りにテキストを配置
コマンド形式:
\startfiguretext[option][ref]{caption}{material} ~ \stopfiguretext

\startfiguretext[left][fig:003]{none}
{\externalfigure[cat][width=3cm,type=png]}
吾輩は猫である.名前はまだ無い.
どこで生れたかとんと見当がつかぬ.
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している.
吾輩はここで始めて人間というものを見た.
しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ.
この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である.
\stopfiguretext




スポンサーサイト
  1. 2013/03/15(金) 10:45:35|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ConTeXt 雑記(7) --- Table | ホーム | ConTeXt 雑記(5) --- Formula>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/6-bac54b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)