FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] unitconv --- 長さを別の単位に変換する

§1 はじめに

このパッケージは,単位付きの値を別の単位付きの値に変換する2つのマクロを定義します.
TeX関連のすべての単位と,kmおよびmがサポートされています.
値が大きい場合は,出力を科学的表記にすることができます.パッケージは LuaLaTeX でのみ機能します.

類似のパッケージとして,拙著ブログ lengthconvert --- "長さ"の変換 もお読み下さい.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/unitconv )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc unitconv を実行するか,
上記に同梱の unitconv-doc.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {unitconv}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \convTeXLength*[<unit>][<digits>]{<TeX length>}
● \convLength*[<unit>][<digits>]{<value>}[<unit>]

*バージョンでは,科学表記法で番号が出力されます.

● 既定値
 ・単位のデフォルト設定はcm
 ・桁数は -1(すべての桁を印刷します)
 ・動的単位em、ex、および muは,現在のフォントサイズに依存します
  

● 留意事項

 • このパッケージは lualatex でのみ機能します。
 • amsmathは,unitconvの前にパッケージをロードする必要があります.


§3 書式例

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{unitconv}
\usepackage{showexpl,xltabular,nicefrac,booktabs}
\lstset{basicstyle=\ttfamily\small}
\parindent=0pt
%
\begin{document}
 \begin{LTXexample}[width=0.5\textwidth]
   ===ここに以下に示すサンプルの例題を記述する===
 \end{LTXexample}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

§4 サンプル

【コンパイル】 lualatex xxx.tex


(A)TEX長さの変換

unitconv01A.png


(B)文字"M" サイズ(1em)

unitconv02A.png


(C)小数点以下の桁数指定

unitconv03A.png


(EOF)


スポンサーサイト



  1. 2020/05/11(月) 06:55:23|
  2. LaTeX Tools