FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] pgf-umlcd --- UMLクラス図用のいくつかのLaTeXマクロ

§1 はじめに

pgf-umlcdは,UMLクラス図を描画するためのLaTeXパッケージです.
その名前が示すように,PGF / TikZに基づいています.
このドキュメントでは,pgf-umlcdの使用方法を示します.

類似のパッケージとして,拙著ブログ tree-package --- ツリー図パッケージ いろいろ があります.
併せて,ご覧ください.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pgf-umlcd )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pgf-umlcd を実行するか,
上記に同梱の pgf-umlcd.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {pgf-umlcd}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \begin{class} ~ \end{class} 環境を使います.

● \inherit{} 上位からの継承
● \attribute{} 属性
● \operation{} 操作

§3 サンプル

(1)ソースコード

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,10pt,dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{pgf-umlcd}
%
\begin{document}
\centering
\begin{tikzpicture}
\umlnote (note)[text width=12cm]{%
pgf-umlcd を利用して,texlive 2020のClass Diagramsを作成したものです.
};
\end{tikzpicture}

\vskip2cm

\begin{tikzpicture}
\begin{package}{ディレクトリ構成}
\begin{class}[text width=3cm]{Root}{0,0}
\attribute{texlive 2020}
\end{class}

\begin{class}[text width=3cm]{bin}{-5,-5}
\inherit{Root}
\attribute{win32}
\operation{実行ファイル\\( .exe .dll)}
\end{class}

\begin{class}[text width=3cm]{texmf-dist}{0,-5}
\inherit{Root}
\attribute{tex→latex}
\operation{スタイルファイル\\( .sty)}
\end{class}

\begin{class}[text width=3cm]{texmf-var}{5,-5}
\inherit{Root}
\attribute{tex}
\operation{generic ( )}
\operation{context( )}
\end{class}
\end{package}
\end{tikzpicture}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

通常,一つのクラスの内部は三つのボックスに分割されますが
\usepackage[simplified]{pgf-umlcd}のようにオプションを付けると
空きのボックスがあれば非表示となります.

(2)結果

pgf-umlcd01.png



(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2020/05/02(土) 08:40:34|
  2. LaTeX Tools