FC2ブログ

天地有情

[LuaLaTeX] LuaLaTeX で『原ノ味フォント』を使ってみた

§1 はじめに

源ノ明朝・源ノ角ゴシックを Adobe-Japan1 (AJ1)フォントになるように組み替えた
「原ノ味フォント(原ノ味明朝、原ノ味角ゴシック)」 です.

類似のフォントとして,拙著ブログ "[LuaLaTeX] LuaLaTeX で『源ノ角ゴシック』を使ってみた" もお読み下さい.

LaTeX文書は従来から IPAフォントが埋め込まれていましたが,現在は HaranoAjiMincho-Regular が埋め込まれています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN(https://ctan.org/pkg/haranoaji および https://ctan.org/pkg/haranoaji-extra )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

W32TeXでは次の通りとなっています.
● C:\w32tex\share\texmf-dist\fonts\opentype\public\haranoaji
 以下が含まれています.
  ・HaranoAjiGothic-Heavy.otf 原ノ味角ゴシック Heavy(極太)
  ・HaranoAjiGothic-Bold.otf 原ノ味角ゴシック Bold(太字)
  ・HaranoAjiGothic-Medium.otf 原ノ味角ゴシック Medium(中)
  ・HaranoAjiGothic-Regular.otf 原ノ味角ゴシック Regular(標準)
  ・HaranoAjiMincho-Bold.otf 原ノ味明朝 Bold(太字)
  ・HaranoAjiMincho-Light.otf 原ノ味明朝 Light(細字)
  ・HaranoAjiMincho-Regular.otf 原ノ味明朝 Regular(標準)
および
● C:\w32tex\share\texmf-dist\fonts\opentype\public\haranoaji-extra
 以下が含まれています.
  ・HaranoAjiGothic-ExtraLight.otf
  ・HaranoAjiGothic-Light.otf
  ・HaranoAjiGothic-Normal.otf
  ・HaranoAjiGothic-ExtraLight.otf
  ・HaranoAjiMincho-Heavy.otf
  ・HaranoAjiMincho-Medium.otf
  ・HaranoAjiMincho-SemiBold.otf

§2 サンプル

ここでは,LuaLaTeX で『 原ノ味角ゴシックおよび明朝』を使ったサンプルを示します.

2.1 ソースファイル

■ haranoaji.tex(UTF-8)
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[lualatex,a4paper,21pt,ja=standard]{bxjsarticle}
\usepackage{optional}
\newcommand{\ExplainOptions}%
{1=Go-Heavy,2=Go-Bold,3=Go-Medium,4=Go-Regular,5=Min-Bold,6=Min-Light,7=Min-Regular}
\AskOption
\opt{1}{\setmainjfont{HaranoAjiGothic-Heavy.otf } \setmainfont{HaranoAjiGothic-Heavy.otf } } %原ノ味角ゴシック Heavy(極太)
\opt{2}{\setmainjfont{HaranoAjiGothic-Bold.otf } \setmainfont{HaranoAjiGothic-Bold.otf } } %原ノ味角ゴシック Bold(太字)
\opt{3}{\setmainjfont{HaranoAjiGothic-Medium.otf} \setmainfont{HaranoAjiGothic-Medium.otf } } %原ノ味角ゴシック Medium(中)
\opt{4}{\setmainjfont{HaranoAjiGothic-Regular.otf} \setmainfont{HaranoAjiGothic-Regular.otf} } %原ノ味角ゴシック Regular(標準)
\opt{5}{\setmainjfont{HaranoAjiMincho-Bold.otf } \setmainfont{HaranoAjiMincho-Bold.otf } } %原ノ味明朝 Bold(太字)
\opt{6}{\setmainjfont{HaranoAjiMincho-Light.otf } \setmainfont{HaranoAjiMincho-Light.otf } } %原ノ味明朝 Light(細字)
\opt{7}{\setmainjfont{HaranoAjiMincho-Regular.otf} \setmainfont{HaranoAjiMincho-Regular.otf} } %原ノ味明朝 Regular(標準)

\begin{document}
「原ノ味」で世界が広がります.HaranoAji
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【説明概要】
 2行目:optinalパッケージを登録します.
 3行目:\ExplainOptions を定義し,内容はフォントのウエイトを1~7に分類します.
 5行目:\AskOptions でコンパイル時に1~7のいずれかを入力するよう催促されます.
 6行目:和文フォントは\setmainjfont{...},欧文フォントは\setmainfont{...}で設定します

2.2 コンパイルの仕方
  (クラスファイルが ltjsarticle の場合)

  lualatex haranoaji.tex

【注意】コンパイル途中において,次のようにフォントを選択する必要があります.
    \UseOption= に 1~7のいずれか一つの番号を入力してリターンキーを押してください.
    

haranoaji01.png


2.3 コンパイルの結果
  正しくコンパイルできたら haranoajie.pdf が生成されます.

  ここでは,1~7 を個々に実行し,それを一つにまとめ挙げたものを示します.

haranoaji02.png


(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2020/04/02(木) 10:49:18|
  2. lualatex