FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] voss-mathcol –-- 色付きでの組版数学

§1 はじめに

マニュアルは独語ですが,ほとんどのLaTeXプログラマーは,独語を理解していなくても,
以下の ”サンプル”に示されているLaTeXコーディング例と結果を達成することができます.

なお,類似のパッケージとして,拙著ブログ(hf-tikz --- 数式と数式部分を簡単にハイライトする方法)も
併せて,御一読ください.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/voss-mathcol )から
ダウンロードしてください.ただし,.sty はありません.mathCol.pdfのみ.


1.2 マニュアル

上記に同梱の mathCol.pdf をお読み下さい.


§2 使い方

基本的に,よく知られているカラーパッケージ以外に必要なものはありません.
これは,黒,赤,緑,青,シアン,マゼンタ,黄色,そしてもちろん白の定義済みの色を提供します.
その他は,\definecolorコマンドを使用して再定義できます.

使用するLaTeXコマンドは,\textcolor, \colorbox, \fcolorbox, \color などです.


§3 サンプル

3.1書式
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,12pt,dvipdfmx,nomag]{jsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{newtxmath,newtxtext}
\usepackage{empheq}
\usepackage{amscd}
\usepackage{color}
\usepackage{framed}
\definecolor{shadecolor}{rgb}{1.0, 0.75, 0.0}
\usepackage{calc}
\usepackage{anyfontsize}
%
\begin{document}

  ===ここに以下のサンプルに示す例題を記述する===

\end{document}

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以下に例題を示します.(マニュアル mathCol.pdf 記載の例題に準拠しています)


(1)\textcolorによる数式の個々の部分を着色する例

mathcol01.png
 
--------------------------------------------
\begin{align}
2\int_1^2 \textcolor{red}{\frac{1}{x^2}}\,dx&= 0.5
\end{align}
--------------------------------------------

(2)インラインモードでは、数式全体を簡単な方法で着色する例

mathcol02.png


--------------------------------------------
$\textcolor{magenta}{c^2=a^2+b^2}$
--------------------------------------------

(3)\colorboxおよび\fcolorboxはテキストモードのパラメーターを想定しているため,
   これらのマクロが数学環境で使用される場合は数学モードを再アクティブ化する必要がある.

mathcol03.png


--------------------------------------------
\def\xstrut{\vphantom{\frac{(A)^1}{(B)^1}}}
\begin{equation}
E=%
\colorbox{yellow}{$\xstrut a_vA$} +
\colorbox{magenta}{$\xstrut -a_fA^{2/3}$} +
\colorbox{green}{$\xstrut -a_c\frac{Z(Z-1)}{A^{1/3}}$} +
\colorbox{cyan}{$\xstrut -a_s\frac{(A-2Z)^2}{A}$} +
\colorbox{yellow}{$\xstrut E_p$}
\end{equation}
--------------------------------------------

(4)別の色へのグローバル切り替えは,\color コマンドを使用して行われる.
   このコマンドは,指定された方程式の先頭に単に配置される.

mathcol04A.png



--------------------------------------------
\[
\color{magenta}
\left(\prod^n_{\,j=1}\hat{x}_j\right)H_c=%
\frac{1}{2}\hat{k}_{ij}\det\widehat{\mathbf{K}}(i|i)
\]
--------------------------------------------

mathcol04B.png


--------------------------------------------
\begin{align}
\color{blue}
\begin{CD}
R\times S\times T @>\text{restriction}>>S\times T\\
@VprojVV @VVprojV \\
R\times S @<<\text{\textcolor{red}{inclusion}}< S
\end{CD}
\end{align}
--------------------------------------------

(5)カラーボックス
   \colorboxと\fcolorboxのマクロ
   テキストモードから,\colorboxと\fcolorboxのマクロは既知であり,数学モードにも転送できる.
mathcol05.png


--------------------------------------------
\colorbox{yellow}{$x_{n+1}\leftarrow x_n^2+c$}
--------------------------------------------

\bigskip

--------------------------------------------
\fcolorbox{red}{yellow}{$x_{n+1}\leftarrow x_n^2+c$}
--------------------------------------------



(6)数式番号を含む定式化された数式を色付けする場合
   parboxにパックする必要もあります.

mathcol06.png


--------------------------------------------
\colorbox{magenta}{%
\parbox{\linewidth-2\fboxsep}{%
\begin{align*}
\frac{I(\alpha)}{I_{0}}=%
\begin{cases}
\sqrt{1-\frac{\alpha}{\pi}+\frac{1}{2\pi}\sin 2\alpha}
& \varphi=0 \\[0.4cm]
\sqrt{2\left(1-\frac{\alpha}{\pi}\right)\left(2+%
\cos 2\alpha \right)+\frac{3}{\pi}\sin 2\alpha}
& \varphi=\frac{\pi}{2}
\end{cases}
\end{align*}%
}}
--------------------------------------------

(7)パッケージempheq
   一方,方程式番号がなく,実際に必要な領域の数式のみに色を付けたい場合は,
   現時点では不明であるparboxを定義するときにその幅を知る必要があるという問題があります.
   ここで,ボックスの幅を決定するタスクを実行するパッケージempheq を使用すると,
   方程式番号が表示されるかどうかに関係なく,このパッケージでもこれを実行できます.


mathcol07.png


--------------------------------------------
\begin{empheq}[box=\fcolorbox{blue}{cyan}]{align*}
x(t) & =\frac{a\left(t^{2}-1\right)}{t^2+1}\\
y(t) & =\frac{at\left(t^{2}-1\right)}{t^2+1}
\end{empheq}
--------------------------------------------




(8)framedパッケージ
   framedパッケージは,完全に色付けされた方程式にも使用できます.shadedされた環境を定義します.
   これは数学的な環境を簡単に包含することができます. framedの利点は,改ページをまたいで簡単に機能し,
   複数の異なる数学環境を含めることができることです.
   framedパッケージについては,拙著ブログ( framed --- 改ページ可能なフレームの生成 ) もお読み下さい.


mathcol08.png


--------------------------------------------
\begin{shaded}
\begin{align}
\underset{\mathcal{G}\quad}\iiint\!%
\left[u\nabla^{2}v+\left(\nabla u,\nabla v\right)\right]d^{3}V%
=\underset{\mathcal{S}\quad}\oiint u\frac{\partial v}{\partial n}d^{2}A \\
\underset{{\mathcal{G}\quad}}\iiint\!%
\left[u\nabla^{2}v-v\nabla^{2}u\right]d^{3}V%
=\underset{\mathcal{S}\quad}\oiint%
\left(u\frac{\partial v}{\partial n}-v\frac{\partial u}{\partial n}\right)d^{2}A
\end{align}
\end{shaded}
--------------------------------------------


(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2020/02/27(木) 10:08:53|
  2. LaTeX Tools