FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] jkmath --- コードを読みやすくする数学用マクロ

§1 はじめに

このパッケージは,コードを読みやすくしたり,組版資料の柔軟性を高めたりする
数学表記用のいくつかの簡単なマクロを定義されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/jkmath )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc jkmath を実行するか,
上記に同梱の jkmath.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {jkmath}
  を記述します.


§3 サンプル

(1)配列を持つコマンド

■方程式系
このパッケージは,array-package を使用して,便利な数学の配置を定義します.1 つ目はsystem 環境です.
演算子の周囲の間隔を正しくするために、2 つの新しい列タイプ(e およびo)があります.
これにより,正しい間隔を保ちながら,方程式系のアライメントを細かく制御できます.
列タイプ(e) は等号を自動的に挿入することに注意してください.

jkmath01A.png


jkmath01B.png



■拡張マトリックス
次のコマンドは,拡張マトリックスです.
augmentedmatrix 環境拡張マトリックスは、2 つの引数n とm を取り、n 番目の列の後に垂直線の規則を持
つ(n + m) 列のマトリックスを作成し,マトリックス形式で右側をもつシステムの組版を可能にします.

jkmath01C.png



(2)2 つのオプション:bbsets とbfsets

自然数のための数学記号(N)・整数(Z)・有理数(Q)・実数(R)・複素数(C) などを組版する数値システムの
表示に関する2 つのオプション、bbsets とbfsets があります.

■ \usepackage[bbsets またはbfsets]{jkmath} を指定した場合.

jkmath01D.png


(EOF)

スポンサーサイト



  1. 2020/02/16(日) 08:40:16|
  2. LaTeX Tools