FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] tabularht --- 高さが指定された表環境

§1 はじめに

tabularhtパッケージは,表および配列環境に高さの仕様を追加するいくつかの環境を定義します.
新しい環境のデフォルトセットは,最初の引数で高さの値を取ります.
定義された環境は,tabularht、tabularht *、arrayhtです.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/tabularht )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc tabularht を実行するか,
上記に同梱の tabularht.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {tabularht}
  を記述します.
  パッケージは,最初の引数として高さの指定によって表/配列環境を拡張します.

2.2 コマンド

高さ引数は長さの指定を許可します.パッケージcalcが使用されている場合はサポートされます.
これは、表形式が指定された高さを持つことを意味します.
プレフィックスto =およびspread =を使用することもできます. to =がデフォルトです.
spread=は、表形式ボックスの自然な高さがspread =の後の長さによって変更されることを意味します.

例:

● \begin{tabularht}{1in} 高さは1in
● \begin{tabularht}{to = 1in} 高さは1in
● \begin{tabularht}{spread = 0pt} 自然な高さ、\begin{tabular}と同じ
● \begin{tabularht}{spread = 1in} 自然な高さが1インチ増加

§3 サンプル

(注意)コンパイルは以下のように行います.
    (1)platex foo.tex
    (2)dvips foo.dvi
    (3)ps2pdf foo.ps foo.pdf
    
    ソースコードが欧文の場合は,2回行います.
    (1) pdflatex foo.tex
    (2) pdflatex foo.tex

tabularht01.png


【説明】
  表の高さ50mmで\interrowfillで中空となっています.





tabularht02.png


【説明】
  \usepackage[dvips,vlines]{tabularht}
   vlinesオプションで中空となっている部分に垂直線が付加されています.





tabularht03.png


【説明】
  \begin{tabularht}{spread=0pt}(|l|l|}
   spread=0pt で標準の\begin{tabular}と同じになります.
   \interrowfillの機能は無視されます.



(EOF)


スポンサーサイト



  1. 2020/02/07(金) 13:16:29|
  2. LaTeX Tools