FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] shadow --- Shadow boxes

§1 はじめに

Command \shabox は LaTeX Command \fbox と同じ意味を持ちますが、「shadow」がボックスの下部と右側に追加されます.
類似のパッケージとして,拙著ブログ「fancybox --- 文章を影枠や楕円枠などで囲む」もご参照ください.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/shadow )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc shadow を実行するか,
上記に同梱の shadow.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {shadow}
  を記述します.

2.2 コマンド

■ \shabox{<text>}

  ここで,<text> はフレーム付きボックスに入れるテキストです.
  テキストが複数行にわたる場合でも,ボックスの適切な寸法を計算します.

ボックス仕様を支配する3つのパラメーターがあります.
 1. box外枠線幅:\ sboxruleを区切る線の幅(default 0.4pt)
 2. boxの端とその内容の分離:\sboxsep(default 10pt)
 3. 影の寸法:\sdim(default 4pt)


§3 サンプル

shadow001.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper,9pt,papersize]{jsarticle}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{shadow}
\usepackage{bxjalipsum}
\parindent0pt
%
\begin{document}
\shabox{\jalipsum[1]{wagahai}}

sboxrule=\the\sboxrule(default),
sboxsep=\the\sboxsep(default),
sdim=\the\sdim(default)

\bigskip

\sdim10pt \sboxsep20pt \sboxrule3pt
\shabox{%
\jalipsum[2]{wagahai}
}

sboxrule=\the\sboxrule,
sboxsep=\the\sboxsep,
sdim=\the\sdim
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(EOF)

スポンサーサイト



  1. 2020/01/19(日) 08:19:34|
  2. LaTeX Tools