FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] pagesel --- 出力するドキュメントのページを選択

§1 はじめに

パッケージはoberdiekバンドルの一部です.
パッケージpageselは LaTeX2ε パッケージです.
(plain TeX および LaTeX2.09 の場合,同様のパッケージ selectp を使用できます.)

オプションに応じて、パッケージは2つのモードで動作します。
1:ページ選択オプションが存在しない場合,パッケージは他のオプションを無視して終了します.
2:少なくとも1つのページ選択オプションを使用すると,指定されたページが選択され,他のページは抑制されます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pagesel )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pagesel を実行するか,
上記に同梱の pagesel.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
\usepackage[options] {pagesel}
を記述します.

[options] はページを選択するためのオプションで以下の通りです.

(1)odd:
出力ページには奇数が必要です. 偶数の出力ページはすべて抑制されます.
ページ領域が指定されていない場合,すべての奇数ページが印刷されます.
ページ領域では,この領域の奇数ページのみが選択されます.

(2)even:
オプションoddの反対.

(3)Page area
ページ領域を特定するため4種類があります.

(a) m-n: m から n までのすべてのページ.
(b) -n:  n までのすべてのページ.
(c) m-:  ページ領域は m で始まり,ドキュメントの最後までのすべてのページが選択されます.
(d) -:  すべてのページ(あまり有用ではありません).
(e) s:  単一ページ 指定.

Examples

Options Output pages
[1, 4, 9] 1, 4, and 9
[7-10, 3] 3, 7, 8, 9, and 10
[odd, 3-6] 3, and 5
[-4, 3, even, 7-8] 2, 4, and 8


§3 サンプル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper,9pt,papersize]{jsarticle}
\usepackage{lmodern}
\usepackage[T1]{fontenc}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage[odd,3-6]{pagesel}
%
\begin{document}
\jalipsum[1-15]{wagahai}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上記を実行してください.(ptex2pdf -l foo.tex)
出力結果は 3, and 5 pege が出力されます.

(EOF)

スポンサーサイト



  1. 2020/01/04(土) 10:23:46|
  2. LaTeX Tools