FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] pst-vectorian - 装飾品を描画する

§1 はじめに

パッケージはPSTricksを使用して装飾品を描画します.
psvectorian.styパッケージで提供される196個の装飾品の一覧はマニュアル示されています.
 
 
類似のパッケージとして,「pgfornament --- PGF/TikZによるベクトル装飾の描画」があります.ご一読ください.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pst-vectorian )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc psvectorian を実行するか,
上記に同梱の psvectorian.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {psvectorian}
  を記述します.

2.2 コマンド

点(x,y)でのパターン(装飾品)の表示は,次のようにpstricksのマクロ \rput を使って行われます.

● \rput[refpoint]{angle}(x,y){\psvectorian[options]{number}}

  マクロ \psvectorian[options]{number} は要求された number に対応するパターンを描きます.
  numberは1から196の間でなければなりません.
 
● options

・scale=<スケール>  0から1の間の数値(デフォルトは1)
・opacity=<番号>  不透明度は,0から1の間の数値(デフォルトは1)
・width = <数値+単位> 幅を指定.高さが指定されていない場合は,比率が保持される.
・height= <数値+単位> 高さを指定.幅が指定されていない場合,比率は保持される.
・color = <色> パターンの色を設定する.
        デフォルトでは,色は\psvectorianDefaultColorマクロで定義されている.
        このマクロはユーザーが再定義できます.パッケージをロードするときには黒色.
・flip=<真/偽> 実際には,パターンは軸対称であり、軸は水平で,バウンディングボックスの中心を通る.
        デフォルト値はfalse.
・mirror=<真/偽> 実際には,パターンは軸対称であり、軸は垂直で、境界ボックスの中心を通る.
         デフォルト値はfalseです。

§3 サンプル

コンパイル:
(a) platex foo.tex
(b) dvips foo.dvi
(c) ps2pdf foo.ps foo.pdf



(1)

psvectorian01.png




(2)

psvectorian02.png




(3)

psvectorian03.png





(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2019/06/15(土) 08:54:06|
  2. LaTeX Tools