FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] rulerbox - 箱の周りに定規を描く

§1 はじめに

rulerboxは箱の周りに定規を描くためのLaTeXパッケージです.マクロ \rulerbox を提供します.
これは,電子文書で何かの絶対サイズを表示したり,印刷物で相対的な縮尺を指定したりするときに便利です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/rulerbox )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc rulerbox を実行するか,
上記に同梱の rulerbox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {rulerbox}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \rulerbox [<edges>] {<content>}
はオプションのパラメータも受け付け,ルーラで装飾するエッジを指定します.
  「<edges>」は,それぞれ上端,下端,左端,右端を制御する,t, b, l, r の任意のサブセットです.

・ \rulerunit:定規の最小数,つまり定規内の隣接する目盛り間の距離.デフォルトは1mm.
・ \rulersep:ボックスの端と定規の間の距離.デフォルトは3pt.
・ \rulerwidth:定規の最長 tickの長さ. デフォルトは7pt.
・ \rtickrule:定規の tick lines の幅.デフォルトは0.4pt.



§3 サンプル
rulerbox01.png


(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2019/05/14(火) 05:55:27|
  2. LaTeX Tools