天地有情

ConTeXt 雑記(5) --- Formula

数式には文中数式と段落数式があります.

(1)文中数式(インライン数式)
これは文章の流れに沿って書く数式であり,次の3つが用意されています.
● $ ... $ (数式を$で囲む)
● \mathematics{...}
● \math{...}
この3通りは同じものです.

例1:
-------------------------------------------
(a) 円の面積は $s=\pi r^2$ である.

(b) 円の面積は \mathematics{s=\pi r^2} である.

(c) 円の面積は \math{s=\pi r^2} である.
-------------------------------------------

(2)段落数式(ディスプレイ数式)
段落数式には次の2つが用意されています.
● 単一段落数式 (1行の数式)
● 別行段落数式 (複数行の数式)

(3)単一段落数式について
これは新たに段落をとり,そこに1行の数式を書きます.次の2つが用意されています.
● $$ ... $$ (数式を$$で囲む)
● \placeformula[option] $$...$$

例2: ”数式番号なし”の場合
-------------------------------------------
(a) $$ y= ax^2 + bx + c $$

(b) \placeformula[-] $$ y= ax^2 + bx + c $$
-------------------------------------------
[-]は”数式番号なし”のオプションです.

例3: ”数式番号あり”の場合
-------------------------------------------
(a) \placeformula[eq:001] $$ y= ax^2 + bx + c $$
[-]を除くと数式番号が付与されます.

(b) \placeformula[eq:002]
\startformula
y=\int_0^\infty x dx +C
\stopformula
-------------------------------------------
この書式では自動的に数式番号が付与されます.
式を参照するには \in コマンドを使います.
たとえば,

\in{式}[eq:002] によれば ....

のよに記述します.


(4)別行段落数式について
命令として\startalign ~ \stopalign が用意されています.

\placeformula
\startformula
\startalign
(ここに数式を記述する)
\stopalign
\stopformula

例4:揃えのない数式グループ
-------------------------------------------
\placeformula
\startformula
\startalign[n=1]
\NC v = u + at \NR
\NC h = ut + \frac{1}{2} gt^2 \NR
\stopalign
\stopformula
-------------------------------------------
※ \NC や \NR は表作成用のサブコマンドで,LaTeXの数式の & や \\ 相当します.

例5:揃えのある数式グループ
-------------------------------------------
\placeformula
\startformula
\startalign[n=3]
\NC v \NC = u \NC + at \NR
\NC h \NC = ut \NC + \frac{1}{2} gt^2 \NR
\stopalign
\stopformula
-------------------------------------------

例6:数式番号なし
-------------------------------------------
\placeformula[-] %[-]オプションを付加する
\startformula
\startalign[n=2]
\NC a_1 x + b_1 y + \NC = c_1 \NR
\NC a_2 x + b_2 y + \NC = c_2 \NR
\NC a_3 x + b_3 y + \NC = c_3 \NR
\stopalign
\stopformula
-------------------------------------------

例7:数式番号あり
-------------------------------------------
\placeformula
\startformula
\startalign[n=2]
\NC a_1 x + b_1 y + \NC = c_1 \NR[eq:1]
\NC a_2 x + b_2 y + \NC = c_2 \NR[eq:2]
\NC a_3 x + b_3 y + \NC = c_3 \NR[+]
\stopalign
\stopformula
-------------------------------------------
※各式の末尾に[eq:1]のように参照ラベルを付加する.
※[+]ラベルは数式番号の参照はできない.
※数式番号はデフォルトで(1)(2)..の一貫番号である.
 章節番号を付加したい場合には \setupnumbering[way=bysection] を記述する.

(5)数式配置
数式の配置はデフォルトでは中央配置となりますが
\setupformulas[align=left/righat/middle]
で 左寄せ,右寄せ,中央寄せ が指定できます.
ここでの left/right は (ragged)left/(ragged)right の意味です.

例8:
-------------------------------------------
\setupformulas[align=left] %配置はraggedleft(右寄せ)
\placeformula
\startformula
\startalign[n=2]
\NC a_1 x + b_1 y + \NC = c_1 \NR[eq:1]
\NC a_2 x + b_2 y + \NC = c_2 \NR[eq:2]
\NC a_3 x + b_3 y + \NC = c_3 \NR[+]
\stopalign
\stopformula
-------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2013/03/14(木) 10:23:02|
  2. ConTeXt
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ConTeXt 雑記(6) --- Figure | ホーム | ConTeXt 雑記(4) --- Paragraph spacing>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/5-8ce20806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)