FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] Pandocモード --- bxjsclsの「Pandocモード」を使う

§1 はじめに

TeX Wiki/BXjscls の "Pandocモード" の項目をお読みください.

1.1 インストール

Pandocが未入手の場合には,「Pandocの比較的簡単なインストール方法」をお読みの上,
インストールしてください.

1.2 マニュアル

Pandocをインストールしたら,コマンドラインから
  pandoc -h
とすると,コマンドオプションが表示されます.

また,

Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 もあります.

§2 使い方

上記の TeX Wiki で述べられているように,

bxjsarticle クラスで Pandoc モードを指定した例を示します.

\documentclass[pandoc,jafont=ipaex,a5paper]{bxjsarticle}

この指定を生成するための Pandoc のオプション指定は以下のようになります.

pandoc sample.md -o sample.pdf --pdf-engine=lualatex
-V papersize=a5 -V documentclass=bxjsarticle
-V classoption=pandoc -V classoption=jafont=ipaex

(3行にわたって書かれていますが実際には1行で打ち込みます

(注意)
TeX Wikiでは --latex-engine=lualatex となっていましたが,
--pdf-engine=lualatex に変更してあります.
(Pandocの最新版 (Ver 2.3)では --pdf-engine でなければエラーになるため)

§3 サンプル

(1)入力ファイルが Markdown のとき (sample01.md)

   --------------------------------------
# まずは挨拶

1. 起立
1. 礼
1. 着席

# Pandocとは

Pandocとは,**文書作成ツール** や出版作業の基礎的なツールとして用いられる
フリーかつオープンソースのドキュメント・コンバータである.
   --------------------------------------

pandoc sample01.md -o sample01.pdf --pdf-engine=lualatex
-V papersize=a5 -V documentclass=bxjsarticle
-V classoption=pandoc -V classoption=jafont=ipaex

結果:

pan-sample01.png


(PDF余白と しおり は省略しています.)
 
 

(2)入力ファイルが LaTeX のとき (sample02.tex)

   --------------------------------------
\begin{document}
\section{まずは挨拶}

\begin{enumerate}
\item 起立
\item 礼
\item 着席
\end{enumerate}

\section{Pandocとは}

Pandocとは,\textbf{文書作成ツール} や出版作業の基礎的なツールとして用いられる
フリーかつオープンソースのドキュメント・コンバータである.
\end{document}
   --------------------------------------

pandoc sample02.tex -o sample02.pdf --pdf-engine=lualatex
-V papersize=a5 -V documentclass=bxjsarticle
-V classoption=pandoc -V classoption=jafont=ipaex

結果:
pan-sample02.png


(PDF余白と しおり は省略しています.)
 
(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2018/09/26(水) 12:49:32|
  2. LaTeX Tools