FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] auto-pst-pdf-lua --- LuaLaTeXとPostScriptコードの併用

§1 はじめに

このパッケージは,pst-pdfのラッパーであるauto-pst-pdfの
わずかに修正されたバージョンです.
パッケージでは,LuaLaTeXとPostScript関連のコードを一緒に使用することができます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/auto-pst-pdf-lua )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc auto-pst-pdf-lua を実行するか,
上記に同梱の auto-pst-pdf-lua.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {auto-pst-pdf-lua}
  を記述します.

§3 サンプル
auto-pst-pdf-lua01.png


コンパイルは lualatex(または luajitlatex) で行います.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass{article}
\usepackage{pst-poker}
\usepackage{auto-pst-pdf-lua}
\usepackage{luatexja}


\begin{document}
\textbf{(1) Lua codeを使用する例}

[1+2+3+ ... +10]の総計=
\directlua{
total=0
for i=1,10 do
total=total+i
end
tex.print(total)
}

\bigskip

\textbf{(2) PostScript codeの例}

\begin{postscript}
\crdAs \crdQd
\end{postscript}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2018/07/23(月) 13:20:27|
  2. LaTeX Tools