FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] pagecolor --- ページカラー(背景色)を設定する

§1 はじめに

このパッケージは \pagecolor というコマンドを提供しています.
これは現在のページ(背景)の色を提供します.

\thepagecolornoneコマンドは,ページの背景色が「none」以外の場合を除き,
\thepagecolorと同じ色を指定します.

ページの背景色が「none」の場合(\pagecolor{none}),
\thepagecolorは白で、\thepagecolornoneは「none」です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pagecolor )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pagecolor を実行するか,
上記に同梱の pagecolor.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage[option] {pagecolor}
  を記述します.
  
  [option]は
  pagecolor={<some color>}  初期値の色を設定.デフォルトはpagecolor = {none}です.
  nopagecolor={<some color>} 初期値の色を設定.デフォルトはnopagecolor = {none}です.
                \nopagecolorはnopagecolorオプションで定義された色を使用して
                \pagecolorコマンドに置き換えられます.
                
                
2.2 コマンド

● \pagecolor{<some color>}   背景色を設定
● \thepagecolor  現在のページ(背景)の色を表示
● \restorepagecolor   復元する直前の背景色を設定
● \newpagecolor{<some color>}  新たに背景色を設定

\newpagecolor{<some color>}および\restorepagecolorは,
geometryパッケージの\newgeometryおよび\restoregeometryに似ています.

\newpagecolor{<some color>}は\pagecolor{<some color>}を実行し,前に使用したページの色を覚えています.
\restorecolor(引数なし)は\newpagecolor{...}コマンドを使用する前に使用していたページカラーに戻します.

§3 サンプル

以下のソースファイルは,マニュアルと同梱の pagecolor-example.pdf と
ほぼ同じです.ソースファイルの背景色はこの pagecolor-example.pdf をご覧ください.
コンパイルは lualatex で行います.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a5paper]{ltjsarticle}
\usepackage[x11names]{xcolor}
\usepackage[pagecolor={LightGoldenrod1},nopagecolor={none}]{pagecolor}
\usepackage{afterpage}
\usepackage{lipsum}
\parindent0pt
%
\begin{document}
\section*{Example for pagecolor}

● 使用されるオプションは,\\
pagecolor = {LightGoldenrod1}(pagecolor = {none}がデフォルト)です.

● 現在のページ(背景)の色は \\
\verb|\thepagecolor| = LightGoldenrod1 \\
(および \verb|\thepagecolornone |= LightGoldenrod1)

\newpage

\pagecolor{rgb:-green!40!yellow,3;green!40!yellow,2;red,1}

{\color{white} 現在のページ(背景)の色は \\
\verb|\thepagecolor| = \thepagecolor .}

\newpage

\newpagecolor{red}

このページは\verb|\newpagecolor{red}|を使用しています.

\newpage

\restorepagecolor

{\color{white}このページは\verb|\restorepagecolor| 復元する
赤色のページの前にあった値にページの色を変換します.}

\newpage

\pagecolor{none}

このページは\verb|\pagecolor{none}|を使用します.
\verb|\thepagecolor| = white
および\verb|\thepagecolornone| =なし.

\newpage

\restorepagecolor

{\color{white}\verb|\restorepagecolor| 再度ページの色を復元しました.}

\newpage

\pagecolor{green}

このページは\verb|\pagecolor{green}|のため緑色です。

\newpage

\newpagecolor{blue}\afterpage{\restorepagecolor}

{\color{white}\verb|\newpagecolor{blue}\afterpage{\restorepagecolor}|\\
ここではこのページが青色で,次のページは自動的に
ここで青に変更される前のページの色(緑色)はです.

\smallskip
{\color{red}\textbf{\lipsum[1-4]}

\bigskip

ページの終わりにページの色が元に戻った.
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2018/07/08(日) 14:20:42|
  2. LaTeX Tools