天地有情

[LaTeX] pagecont --- 複数ドキュメント間で続くページ番号を付与する

§1 はじめに

pagecontパッケージは,いくつかのドキュメントが単一のドキュメントであるかのように,
ページ番号を独立してタイプセットできる機能を実装しています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pagecont )から
ダウンロードしてください.

TeXLive には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pagecont を実行するか,
上記に同梱の pagecont.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage [first] {pagecont}
  を記述します.
  [first]オプションは最初の文書のみに付け,2番目以降の文書には付けません.


§3 サンプル

(1)先ず複数のドキュメントソースを準備します.ここでは
   1.tex, 2.tex, 3.tex とします.

(2)ドキュメントソースの内容は次の通りです.

   ■ 1.tex
----------------------------------
\documentclass[a5paper]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage[first]{pagecont} % 1.texのみにoption[first]を付ける.
% 2.tex, 3.tex は不要です.
\begin{document}
\jalipsum [1-3] {wagahai}
\end{document}
----------------------------------
 
 
 
   ■ 2.tex
----------------------------------
\documentclass[a5paper]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage{pagecont}
%
\begin{document}
\jalipsum[4-5]{wagahai}
\end{document}
----------------------------------
 
 
 
   ■ 3.tex
----------------------------------
\documentclass[a5paper]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage{pagecont}
%
\begin{document}
\jalipsum[6-9]{wagahai}
\end{document}
----------------------------------

(3)各々をコンパイルします.(1.tex, 2.tex, 3.tex の順にコンパイルする)

   ptex2pdf -l 1.tex
   この操作により 1.pdf(1枚) が生成され,ページ番号は 1 です.
   
   ptex2pdf -l 2.tex
   この操作により 2.pdf(2枚) が生成され,ページ番号は 2,3 です.
   
   ptex2pdf -l 3.tex
   この操作により 3.pdf(3枚) が生成され,ページ番号は 4,5,6 です.

   この3つのドキュメントにはページ番号 1 ~ 6 が付与されました.
   
   ここまでが pagecontパッケージの機能です.
   
   

(4)1.pdf, 2.pdf, 3.pdf を結合します.

   結合させるには,いろいろな PDFツールがありますが,
   ここでは, pdftk.exe を使った方法で結合させ output.pdf を出力させます.
   
   pdftk 1.pdf 2.pdf 3.pdf cat output output.pdf
   
   ページ番号は 1~6 となります.
   
   SumatraPDFで表示させ,プロパティをみると次のようになります.

pagecont01.png




(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2018/04/29(日) 15:12:50|
  2. LaTeX Tools