FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] flushend --- 2段組み時に最終ページの列のバランスをとる(sttoolsバンドル)

§1 はじめに

LaTeXに組み込まれている2列のコードは,テキストが停止した場所でドキュメントを終了します.
何もしないと二段組みの高さは揃いません.
通常,左のカラムが先に埋まり,その次に右側が埋められるので,右側が無かったり,
右側のほうが短くなったりします.
flushendパッケージはLaTeXの出力ルーチンを変更して,2つの列をできる限り同じ長さにします.

flushendパッケージは sttools バンドルの一部です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/flushend)から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには sttools として標準でインストールされています.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc flushend を実行するか,
上記に同梱の flushend.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {flushend}
  を記述するだけです.
  
  いくつかのパッケージオプションが用意されていますがデフォルトのままで十分と思われます.


2.2 コマンド

最後のページのバランスを取るためにパッケージをロードしてください:それだけです.
ドキュメントの途中でいくつかのページをバランスさせるには,そのページで \flushcolsend コマンドを使用します.
その他にも,ページをバランスさせるコマンドが幾つか用意されていますがデフォルトのままで十分と思われます.

§3 サンプル

flushend01.png


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,twocolumn]{jsarticle}
\usepackage{bxjalipsum}
\usepackage{flushend}
%
\begin{document}
\jalipsum[1,5]{wagahai}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2018/03/27(火) 09:37:43|
  2. LaTeX Tools