FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] cellspace --- 表のセルの最小間隔を確保する

§1 はじめに

cellspaceパッケージは,配列の行から自動的に間隔を空けることを目的としています.
高いセルまたは深いセルは,表の\hlineに触れる傾向があることはよく知られています.
たとえば,\hlineで囲まれた\dfrac{1}{2}などです.
古典的な回避策 \\[<dimen>] と \noalign{\vspace{<dimen>}} はあまり強力ではなく,微調整が必要です.

このパッケージは,配列の\hlineとセルの間隔を最小にする通常のカラムタイプ(l,c,r,p,m,b)
に 変更子 S を提供します.

e.g.
\begin{tabular}{l l l p{3cm}}は次のように変更する必要があります.
\begin{tabular}{Sl Sl Sl S{p{3cm}}}

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/cellspace )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc cellspace を実行するか,
上記に同梱の cellspace.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {cellspace}
  を記述します.

§3 サンプル

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{cellspace}
%
\begin{document}
\begin{tabular}[t]{c}
\hline
\itshape Formula \\
\hline
$\displaystyle
e = 1 + \frac{1}{2} + \frac{1}{6} + \cdots
+ \frac{1}{k!} + \cdots $ \\
$\displaystyle
\pi = 4 \left( 1 - \frac{1}{3} + \frac{1}{5} + \cdots
+ \frac{(-1)^k}{2 k + 1}
+ \cdots \right)$ \\
\hline
\end{tabular}
\hskip3mm %---------------------------------
\begin{tabular}[t]{Sc}
\hline
\itshape Formula \\
\hline
$\displaystyle
e = 1 + \frac{1}{2} + \frac{1}{6} + \cdots
+ \frac{1}{k!} + \cdots $ \\
$\displaystyle
\pi = 4 \left( 1 - \frac{1}{3} + \frac{1}{5} + \cdots
+ \frac{(-1)^k}{2 k + 1}
+ \cdots \right)$ \\
\hline
\end{tabular}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

cellspace01.png


cellspace適用型では,\hline との最小限の距離を確保するために、通常の列型で動作する修飾子Sを
を付加し,従来型に比べて見易くなっています.

間隙は 1pt がデフォルトですが,セルの間隔を制御する2つのパラメータがあります.
セルの上端とテキスト自体の間に必要な最小スペースは\cellspacetoplimit
セルの底部とテキスト自体の間に必要な最小スペースは\cellspacebottomlimit
で制御できます.
e.g. \setlength\cellspacetoplimit{2pt}


(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2017/12/26(火) 14:39:51|
  2. LaTeX Tools