FC2ブログ

天地有情

[LaTeX] pst-poker --- ポーカーカードを描く

§1 はじめに

このPSTricks関連パッケージは、様々な方法でポーカーカードを作成することができます。

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/pst-poker )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc pst-poker を実行するか,
上記に同梱の pst-poker.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {pst-poker}
  を記述します.


§3 サンプル

(注)以下のサンプルは次の手順でコンパイルします.
   1. platex foo[.tex]
   2. platex foo[.tex]
   3. dvips foo[.dvi]
   4. ps2pdf foo.ps


(1)ポーカーカードの基本的なデザイン(デフォルト仕様)

pst-poker01A.png


\crdxxxコマンドのxxx部分詳細は次の通りです.

pst-poker01B.png



(2)基本的なバリエーション(サイズ)は unit= で設定されます.

pst-poker02.png



(3)カラーセットの選択

pst-poker03.png



(4)オプション引数 framebg

pst-poker04.png


   オプション引数 framebg によって,ここに示すように定義済みの色か,
   または自己定義色を使用して別々に変更できます.


(5)インデックスの配置

pst-poker05.png



   4つのコーナーすべてにインデックスを配置したり,ピークインデックスを使用することもできます.


(6)カードの高度な配置

pst-poker06.png


(7)高度なディスプレイバリエーション

pst-poker07.png



(EOF)
スポンサーサイト



  1. 2017/10/19(木) 10:29:54|
  2. LaTeX Tools