天地有情

[LaTeX] keycommand --- key-valueの引数をもつコマンドの簡単な作成

§1 はじめに

keycommandパッケージは,オプションのキーを使用してコマンドや環境を簡単に定義する方法を提供します.
パッケージは,\newkeycommand \renewkeycommand \providekeycommand
\newkeyenvironment および \renewkeyenvironmentを提供します.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/keycommand )から
ダウンロードしてください.

TeXLive2017 には標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc keycommand を実行するか,
上記に同梱の keycommand.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {keycommand}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \newkeycommand +[short-unexpand]{<command>}[<keys=defaults>]%
                     [<OptKey>] [<n>]{<definition>}
● \newkeyenvironment +[short-unexpand]{<envir name>}[<keys=defaults>]%
                     [<OptKey>] [<n>]{<begin>}{<end>}


  ・ +形式の定義は実行時に展開.オプションの[\|]引数は,|...| 拡張から保護される.(サンプル(2)参照)
  ・ [keys = defaults]引数は,デフォルト値でキーを定義.
  ・ 使用可能な key のタイプは、boolean、enum、choice(manual: 1.1を参照).
  ・ OptKey引数は,特に定義されていない key = value のペアを取得する場合に使用.
  ・ 0-9の必須引数(省略した場合は0)で指定.

§3 サンプル

(1)\newkeycommand の例

keycommand01.png


(2)\newkeycommand+[\|]の例

keycommand02.png


(3)\newkeyenvironment の例
keycommand03.png

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/10/15(日) 07:14:43|
  2. LaTeX Tools