天地有情

[LaTeX] authoraftertitle --- \maketitle発行後に\authorなどが再利用できる

§1 はじめに

LaTeXコマンドの \author、\title および \dateは,現在の文書の著者,タイトルおよび日付を設定するために
よく使用されます.
設定されると,これらは\titlepageコマンドによってのみ使用され,それ以外の場合はアクセスできません.

authoraftertitleパッケージを使うと,どこでも \MyAuthor,\MyTitle,\MyDate として利用できます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/authoraftertitle )から
ダウンロードしてください.

TeXLiveには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc authoraftertitle を実行するか,
上記に同梱の authoraftertitle.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {authoraftertitle}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \MyAuthor{...}
● \MyTitle{...}
● \MyDate{...}


§3 サンプル

authoraftertitle01.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/10/04(水) 13:00:14|
  2. LaTeX Tools