天地有情

[LaTeX] widetable --- 指定された幅の表を生成する環境

§1 はじめに

widetableパッケージは,tabularxとは異なり,列間グルーを使って指定された幅のテーブルを
タイプセットするwidetable環境を定義します.

\tabcolsep寸法が計算され,テーブルが適切な幅に調整されます.
セルは必要に応じてすべて伸張(または収縮)します.

(参考)
(1)tabularx について
   e.g. 横位置パラメータ {|l|X|r|} Xは自動計算され,セル内テキストは左寄せとなる.
   
(2)tabular* について
   e.g. 横位置パラメータに \extracolsep{fill}が必要.1列目以外のセル内テキストは右寄せとなる.
   
(3)widetable について
   セル内テキストは \tabcolsep が自動計算され,常にセル内テキストは中央寄せとなる.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/widetable )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc widetable を実行するか,
上記に同梱の widetable.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {widetable}
  を記述します.

2.2 コマンド

● widetable 環境

  \begin{widetable}{<width>}[<alignment>]{<column descriptors>}~\end{widetable}

  (widetable環境の構文はtabular*環境の構文と同じです)
  
§3 サンプル

widetable01.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/09/14(木) 10:04:37|
  2. LaTeX Tools