天地有情

[LaTeX] syntonly --- LaTeX文書の構文チェックを実行する

§1 はじめに

syntonlyパッケージは LaTeX実行 からの出力を抑制するコマンド \syntaxonly を提供します.
出力を生成する オーバーヘッドなし でLaTeXファイルの構文をチェックすることが目的です.
このパッケージはLaTeXディストリビューションの一部です.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/syntonly )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc syntonly を実行するか,
上記に同梱の syntonly.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {syntonly}
  を記述します.

2.2 コマンド

● \syntaxonly

§3 サンプル

プリアンブル部に以下を記述します.

--------------------------
\usepackage{syntonly}
\syntaxonly

--------------------------

(1)先ず,(p)latex foo.tex を実行する.

   構文チェックの結果が正常であればコンソール上に "No pages of output" が表示される.
   このときは,チェックのみであり,ファイルなど何も出力されない.

(2)次に,プリアンブルに記述した \syntaxonly をコメントアウトして
   (p)latex foo.tex を実行する.結果として,正しい dviファイル,あるいは PDFファイルが出力される.


(3)簡単例

-----------------------------------------
\documentclass{jsarticle}
\usepackage{syntonly}
\syntaxonly
\begin{document}
日本語の組版システムには p\LaTex{}をどうぞ.
\end{document}
-----------------------------------------

■ コンパイルすると
 
 ! Undefined control sequence.
l.5 日本語の組版システムには p\LaTex
{}をどうぞ.

■ p\LaTex 末尾の x を X に修正すると
 
 No pages of output.

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/08/31(木) 13:38:37|
  2. LaTeX Tools