天地有情

[LaTeX] empheq --- amsmathに視覚的なマークアップを施す

§1 はじめに

empheqパッケージは,mathtoolsバンドルの一部であり,それは amsmath に視覚的なマークアップ
の拡張を提供します.
ユーザーフレンドリーなインターフェイスは,ボックス内に方程式のセットを置くことができるので,
amsmath の boxed機能 が強化されます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/tex-archive/install/macros/latex/contrib )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc empheq を実行するか,
上記に同梱の empheq.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {empheq}
  を記述します.

2.2 コマンド

empheq00.png


§3 サンプル

(注)
・欧文クラスファイル(article,scrartclなど)を使います.
・コンパイルは欧文だけなら pdflatex で行い, 和文が混在するなら
 \usepackage{luatexja}を登録して, luajitlatex(または lualatex) で行います.
・以下のサンプルはすべて,luajitlatex で行っています.

3.1 Basic: [box=\fbox] の指定例

empheq01.png


3.2 Delimiter: [left=\empheqlbrace, right=\empheqrbrace] の指定例

empheq02.png


デリミタはディスプレイ全体に合わせて縮尺が決められる自動スケーリングです.
適用できるデリミタはマニュアルを参照ください.

3.3 Background color: [box=\mybluebox] の指定例

empheq03.png


ボックス内に背景色が指定できます.

3.4 fancybox のサポート


\usepackage{fancybox}を記述します.

(1) [box=\ovalbox] の指定例

empheq04.png



(2) [box=\shadowbox*] の指定例

empheq05.png


(3) shadow color: [box=\shadowbox*] の指定例

empheq06.png

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/08/27(日) 08:23:23|
  2. LaTeX Tools