天地有情

[LaTeX] subfiles --- マルチファイルプロジェクト用

§1 はじめに

subfilesパッケージを使用すると,ユーザーはマルチファイルプロジェクトをより快適に処理して,
サブファイルを単独で処理したり、それを含むメインファイルを処理したりすることができます.

概念図を以下に示します.

subfiles00.png


(1) main.tex

  ・\usepackage{subfiles}を記述します.
  ・\subfile コマンドでサブファイル(sub01, sub02, sub03)を取り込みます.
    このとき,サブファイルの\documentclass, \begin{document},\end{document}
    は取り除かれます.

(2) sub01(02,03).tex

  ・\documentclassのクラスオプションとして,例えば [main]を指定し,取り込まれ先を指定します.
  ・単独でコンパイルできます.この場合,少しの修正を必要とする場合もあります.
  ・\input{...}コマンドで取り込むサブファイルは,単独でコンパイルできません.
    (プリアンブル部を付加すれば単独コンパイルは可能ですが,面倒です)


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( https://ctan.org/pkg/subfiles )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc subfiles を実行するか,
上記に同梱の subfiles.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {subfiles}
  をメインファイルに記述します.

2.2 コマンド

● \subfile{<subfile-name>}

§3 サンプル

■ ソースファイル

subfiles01.png



■ コンパイル結果

subfiles02.png



(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/08/14(月) 08:31:58|
  2. LaTeX Tools