天地有情

[LaTeX] pst2pdf --- コマンドの使い方

§1 はじめに

更新版: 2017/05/06 (一部書き換え)

W32TeXの[bin]ホルダ下にある pst2pdf.exe の一般的な使用法の説明です.
PSTricks や Postscript などで作成された図形を PDF に変換します.

§2 使い方

(1)コマンド仕様

コマンドラインから次を実行すると,コマンド仕様が表示されます.

   c:> pst2pdf --help

(2)ソース書式例

-------------------------------------------
\documentclass{article} %欧文クラスに限る.
\usepackage{graphicx}
\usepackage{pst-all}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
 % pspicture環境およびpostscript環境をサポートします.
 % (a) \begin{pspicture[*]}(x0,y0)(x1,y1)~\end{pspicture[*]} *は領域外をクリップする
 % (b) \begin{postscript}~\end{postscript}
\end{document}
-------------------------------------------

(3)コンパイル手順様

   (1) pst2pdf foo.tex [-clear] (エラーがなければ foo-pdf.tex が生成される)
     ※ images ホルダーが生成され,個別の画像が保存される.
     ※ 主なオプション: -clear 一時ファイルの削除
               -Iscale=0.8 画像サイズの拡大縮小
   (2) (pdf)latex foo-pdf.tex
     ※ pdflatex または latex コマンドで最終コンパイルする.


§3 サンプル

(1)ソースファイル (spiral.tex)

---------------------------------------
\documentclass{article}
\usepackage{graphicx,pst-all}
\pagestyle{empty}
\parindent=0pt
\begin{document}
\begin{pspicture}(-3.7,-3.7)(3.7,3.7)
\parametricplot[plotpoints=1000]{0}{3600}%
{t dup cos 1000 div mul t dup sin 1000 div mul}
\end{pspicture}
\end{document}
---------------------------------------

   ■コンパイル
(a) pst2pdf spiral.tex -clear
(b) pdflatex spiral-pdf.tex

(a)では imagesホルダ,spiral-pdf.pdf,spiral-pdf.tex,spiral-pst.tex が生成されます.
(b)では(a)で生成された spiral-pdf.tex を (pdf)latex でコンパイルし,完成させます.

※ spiral-pdf.pdf が完成した文書となります.
※ imagesホルダの中に spiral-fig-1.pdf が格納されています.

spiral.png

(2)ソースファイル (triangle.tex)

---------------------------------------
\documentclass{article}
\usepackage{pst-all}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
\begin{pspicture*}(0,0)(5,4)
\pspolygon(0,0)(5,4)(5,0)
\pcline(0,0)(5,4)\lput*{:U}{hypotenuse}
\end{pspicture*}
\end{document}
---------------------------------------

   ■コンパイル
(a) pst2pdf triangle.tex -clear
(b) pdflatex triangle-pdf.tex

(a)では imagesホルダ,triangle-pdf.pdf,triangle-pdf.tex,triangle-pst.tex が生成されます.
(b)では(a)で生成された triangle-pdf.tex を (pdf)latex でコンパイルし,完成させます.

※ triangle-pdf.pdf が完成した文書となります.
※ imagesホルダの中に triangle-fig-1.pdf が格納されています.

triangle.png

(3)ソースファイル (cylinder.tex)

---------------------------------------
\documentclass{article}
\usepackage{graphicx,pst-calendar,pst-3dplot}
\pagestyle{empty}
\parindent=0pt
\begin{document}
\begin{postscript}
\psframebox{% begin box
\pspicture(-3,-2)(3,6.5)
\pstThreeDCoor[zMax=7]
\pstIIIDCylinder[RotY=30,fillstyle=solid,fillcolor=red!20,linecolor=black!60](0,0,0){2}{5}
\pstThreeDLine[linecolor=red]{->}(0,0,5)(0,0,7)
\pstThreeDLine[linecolor=red]{->}(-1,0,0)(4,0,0)
\pstThreeDLine[linecolor=red]{->}(0,-1,0)(0,4,0)
\endpspicture}% end box
\end{postscript}
\end{document}
---------------------------------------

   ■コンパイル
(a) pst2pdf cylinder.tex -clear
(b) pdflatex cylinder-pdf.tex

(a)では imagesホルダ,cylinder-pdf.pdf,cylinder-pdf.tex,cylinder-pst.tex が生成されます.
(b)では(a)で生成された cylinder-pdf.tex を (pdf)latex でコンパイルし,完成させます.

※ cylinder-pdf.pdf が完成した文書となります.
※ imagesホルダの中に cylinder-fig-1.pdf が格納されています.

cylinder.png

(4) その他

C:\w32tex\share\texmf-dist\doc\scripts\pst2pdf にある
ドキュメント pst2pdf-doc.pdf やサンプル test1.tex~test3.tex が用意されています.

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 08:50:44|
  2. LaTeX Tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[LaTeX] ps4pdf --- コマンドの使い方 | ホーム | [LaTeX] dvi2dvi コマンドの使い方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/42-d1928870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)