天地有情

[LaTeX] longfbox --- 標準的なCSS属性を使用して"枠付きボックス"を作成する

§1 はじめに

longfboxパッケージには,標準のCSS属性を使用してカスタマイズできるフレーム付きボックスが
用意されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/longfbox )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc longfbox を実行するか,
上記に同梱の longfbox.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {longfbox}
  を記述します.

2.2 コマンド・環境

 ● \lfbox[<options>]{<content>}
 
 ● \begin{longfbox}[<options>]]<content> ~ \end{longfbox}
 
 ● \newfboxstyle{<name>}{<options>}
   使用されるオプションを指定するために使用できる新しいスタイルを定義.
 
 ● \fboxset{<options>}
   現在のスコープに対してオプションを設定できる.
  
 ● <options>] は CSS属性(CSS 2.0対応) を指定する.
  (例)
  border-width=2pt,
  border-radius=15pt,
  border-top-left-radius=30pt,
  border-left-width=8pt,
  border-left-color=teal,
  border-right-style=double,
  border-style=dotted,
  margin-right=6em,
  padding=1.5em,
  background-color=floralwhite,
  background-clip=padding-box,
  

§3 サンプル

以下のサンプルは,次の手順でコンパイルします.

  a) platex filename.tex
  b) dvips filename.dvi
  c) ps2pdf filename.ps filename.pdf


(1)\lfbox の例

longfbox01.png


(2)longfbox環境 の例

longfbox02A.png



(3)CSS属性を利用した例

longfbox02B.png


(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2017/06/19(月) 07:39:14|
  2. LaTeX Tools