天地有情

[LaTeX] getmap --- ドキュメントで使用する 地図画像 をダウンロードする

§1 はじめに

getmapパッケージの目的は,地図画像の可能な限り単純な提供です.
(OpenStreetMap,Google Maps,Google Street View がサポートされています.)
なお,今回は OpenStreetMap(osm)は複雑なため除外してあります.

最も単純なケースでは,アドレス(緯度,経度)の指定で十分です.
パッケージは \write18 機能を使用してマップをロードします.
イメージは,外部のLuaスクリプトによってダウンロードされます.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/getmap )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc getmap を実行するか,
上記に同梱の getmap.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {getmap}
  を記述します.

2.2 コマンド

getmap00.png


§3 サンプル

【注意】
・LaTeXファイル(.tex)では,日本語はサポートされていません.
・コンパイルは pdflatex filename.tex で処理してください.(lualatex でも可)
・コンパイルすると filename.pdf と 同時に png(または jpg)が生成されます.



3.1 mode=gm(Google Maps) の例

(1)経度・緯度を指定して地図画像を得る.

   北緯 35.658581, 東経 139.745433 (東京都港区芝公園付近)
   mode=gm (google map)

getmap01.png


※ 同時に生成される "minatoku.png" も参照してください.(以下,同様)

※ Google Earth を開くと,目的地が"度分秒"で表示されます.
   {北緯N,東経E}は"度分秒"表記を"10進数"表記に変換します.
   ここに,変換表( http://www.benricho.org/map_latlng_10-60conv/#10to60 )があります.


(2)場所を指定して地図画像を得る.

   墨田区 スカイツリー
   mode=gm

getmap02.png



(3)場所を指定して地図画像を得る.

   大阪 通天閣
   mode=gm

getmap03.png



3.2 mode=gsv(Google Street View) の例

(1)場所を指定して地図画像を得る.

   水戸市 偕楽園
   mode=gsv

getmap04.png



(2)場所を指定して地図画像を得る.

   浅草 浅草寺
   mode=gsv

getmap05.png



(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2017/06/14(水) 07:39:19|
  2. LaTeX Tools