天地有情

[pTeX-ng] 新しくエンジン "platex-ng" が加わった

§1 はじめに

ZRさんの マクロツイーター ( http://d.hatena.ne.jp/zrbabbler/20170325/1490455648 )で
"BXjscls の新しいやつ(v1.5a)" がリリースされました.(最新はv1.5b)
詳細は,そちらをお読みください.

今回は,新しくエンジン "platex-ng" が加わったことの話題です.

§2 使い方

(1)ソースファイル(foo.tex)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[platex-ng,a5paper,9pt,ja=standard,nomag]{bxjsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{lxfonts}
\usepackage{okumacro}
\parindent0pt
\begin{document}
\section{漢字など--直接入力}

{\LARGE
森鷗外 内田百閒  髙島屋\\
草彅剛 新日鐵住金 盥 蓋\\
繁體  筐体 ①②③☀☁☂\\
吉野家}

\section{数式}
\[ \left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2=
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}=
\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2 -1}= \frac{\pi}{2} \]

\section{画像}
\includegraphics[width=3cm,bb=0 0 550 568]{tiger.pdf}

\section{okumacroで遊んでみる}
\ruby{組}{くみ}\ruby{版}{はん}、\ruby{等}{とう}\ruby{幅}{はば}、
\keytop{Ctrl}+\keytop{A} \keytop{Del}
\keytop{Ctrl}+\keytop{S} \return、
\MARU{1}\MARU{2}\MARU{3}
\par\bigskip
\begin{shadebox}
\挨拶 それでは。敬具
\end{shadebox}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(2)コンパイル

platex-ng foo.tex

(3)結果

bxjsart.png



§3 参考

platex-ng が利用できるクラスファイルは次の3種があります.
a5paper,9ptの例で示すと,

===========================================================
(a) \documentclass[uplatex,a5paper,9pt,...]{jsarticle}

(b) \documentclass[a5paper,9pt,...]{ujarticle}

(c) \documentclass[platex-ng,a5paper,9pt,ja=standard]{bxjsarticle}
===========================================================

(a),(b)の場合は,出力されるPDFサイズを指定する必要があります..
a5paper なら,プリアンブルに

\pdfpagewidth=148mm
\pdfpageheight=210mm

を記述します.

(c)の新しい bxjscls ではその必要がありません.
それは,papersize オプションは既定で有効になっており,
出力用紙サイズはクラスオプションで指定したものに自動的に設定されます.
(papersize オプションの処理はgeometry パッケージの機能により行われる)

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/04/22(土) 10:24:21|
  2. pTeX-ng