天地有情

[LaTeX] bitpattern --- ビットパターンダイアグラムをタイプセット

§1 はじめに

本パッケージは,データフォーマット,ハードウェアレジスタ,または伝送プロトコルの記述に
現れる可能性があるビットパターンをタイプセットできるように設計されています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/bitpattern )から
ダウンロードしてください.
(TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています)

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc bitpattern を実行するか,
上記に同梱の bitpattern.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \RequirePackage[numberFieldsOnce,bigEndian,numberBitsAbove]{bitpattern}
  を記述します.

2.2 コマンド

\bitpattern[<format>]{<name>}[<size>][<width>]. . . /
(フィールドは/で終わります)


最初のオプションの引数は,書式設定の方法を制御することができ,次のキーの組み合わせです.

・littleEndian: 左のビットは最大のビット番号をもつ.
・bigEndian: 左のビットは最小のビット番号をもつ.
・numberBitsAbove: ビット番号をフィールドの上に置く.
・numberBitsBelow: ビット番号をフィールドの下に置く.
・noBitNumbers: ビット番号がなし.
・numberFieldsOnce: フィールドには1つのビット番号しかもたない.
・numberFieldsTwice: フィールドが2つのビット番号をもつ.
・numberAllBits: フィールドが全ビット番号を示す.
・startBit = X: 左端のビットの数がXであることを示す.
・bitWidth = dimen: ビットで取られたサイズを示す.

§3 サンプル

IPアドレスフォーマット(class A)を例に,色々なオプションを付加した例を示します.
なお,プリアンブルに次が指定されていることに注目してください.

\RequirePackage[numberFieldsOnce,bigEndian,numberBitsAbove]{bitpattern}

bitpattern01A.png


bitpattern01B.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/02/22(水) 06:01:35|
  2. LaTeX Tools