天地有情

[LaTeX] hf-tikz --- 数式と数式部分を簡単にハイライトする方法

§1 はじめに

標準的なドキュメント内の式を強調する方法だけでなく,Beamerオーバーレイ認識仕様を使用して
プレゼンテーション内で強調表示する方法を提供します.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/hf-tikz )から
ダウンロードしてください.

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc hf-tikz を実行するか,
上記に同梱の hf-tikz.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {hf-tikz}
  を記述します.

以下が自動的にプリロードされます.
\RequirePackage{tikz}
\usetikzlibrary{shadings}
\RequirePackage{xparse}
\RequirePackage{etoolbox}

2.2 コマンド

hf-tikz00.png


§3 サンプル

3.1 共通事項

(1)プリアンブル部は次のにしています.

\documentclass[pdflatex,a4paper,12pt,ja=standard]{bxjsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage[customcolors,shade,markings]{hf-tikz}
\usepackage{amsmath,newtxmath}

(2)必須マクロとコンパイル方法

強調表示される部分の前後に区切り記号のペアを挿入することによって強調表示できます.
2回のコンパイル実行が常に必要であり,今回は,pdflatex filename.tex で行っています.
開始区切り文字は,\tikzmarkinマクロで,終了区切り文字は,\tikzmarkendマクロを使用します.

(3)マーカーID

マーカーIDとも呼ばれる区切り文字ラベルは,強調表示されている部分を一意的に特定する
必要があります.同じ名前を複数回使用すると、望ましくない結果につながります.

e.g , \[ x+\tikzmarkin{a}y\tikzmarkend{a}=400 \]
   {a}がマーカーIDです.

3.2 基本例

(1)Basic Sample

hf-tikz01.png


(2)大型演算子がある場合

  (a) のように,分数(fraction),和sum),積分(integral)などの演算子がある場合,
    標準コマンドのみでは適切ではありません.この場合,
  (b) のように,ボックスを区切るシフトオフセットを手動で指定する必要があります.

hf-tikz02.png


(3)Customize colors

customcolors オプションで,塗り潰しと境界線の色をカスタマイズできます.
このオプションを使用している間,次の2つのコマンドが使用でき,
ドキュメント内でいつでも使用できます.

(a) 塗り潰しと境界線の色のコマンド

・\hfsetfillcolor
・\hfsetbordercolor

(b) 次のキーを使用して塗りつぶしと境界線の色をカスタマイズすることもできます.

・set fill color (initial: fancybrown): this key sets the fill color;
・set border color (initial: fancyviolet): this key sets the border color.

hf-tikz03.png


(4)shadings

shade オプションは,陰影のある背景を有効にします.
使用可能なシェーディングは次のとおりです.

・vertical shading
・horizontal shading
・radial shading

hf-tikz04.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2017/02/13(月) 06:22:21|
  2. LaTeX Tools