天地有情

[LaTeX] listofsymbols --- シンボルのリストの作成と操作

§1 はじめに

listofsymbols は,記号のリスト(表記法または命名法とも呼ばれる)を自動的に作成し,
記号を論理的に扱う,コマンドを提供します.さらに,シンボルのすべての定義を別々の
ファイルに保存することもできます.

このパッケージは,nomencl.sty と formula.sty のパッケージの多かれ少なかれの組合わせ
です.しかし,シンボルのリストを作成するという概念は,それが命名する方法とは異なります.

nomencl.sty については,拙著ブログ( http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-200.html )

formula.sty については,拙著ブログ( http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-209.html )

をご覧ください.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/listofsymbols )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc listofsymbols を実行するか,
上記に同梱の listofsymbols.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage [options] {listofsymbols}
  を記述します.

2.2 コマンド

listofsymbols00.png


§3 サンプル

【注意】
● コンパイルは,2回実行してください.
● コンパイル時に生成される中間ファイルはソースファイルを修正したとき,
  削除してから再度,コンパイルを行ってください.
  中間ファイルとは *.sym,*.syc,*.sub,*.suc,*.aux です.

(1)基本例(basic)

オプション [draft] と [final] を指定している.

listofsymbols01A.png


listofsymbols01B.png





(2)類似例

listofsymbols02A.png


listofsymbols02B.png


【注意】

option[final]にした場合は,
文書で使用されていない記号や,"下付き文字" のリストから削除されます.

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/12/29(木) 04:26:49|
  2. LaTeX Tools