天地有情

[LaTeX] slides --- スライド作成クラスファイル

§1 はじめに

スライド系のクラスファイルとして,以下のようなものが存在します.
・beaner
・seminar
・powerdot
・foiltex
・jsarticle(slideオプション付き)
・bxjsslide

ここでは,比較的シンプルな slides.cls を扱ってみます.これは,
以前は SliTeX と呼ばれていたものです.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.
( .../texmf-dist/tex/latex/base下にあります.)

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc slides を実行するか,
上記に同梱の slides.pdf をお読み下さい.

§2 使い方

以下のような書式となっています.

\begin{slide}~\end{slide}環境でスライド1枚が作成されます.
====================================
\documentclass[a4paper,...]{slides}
\usepackage{...}

\begin{document}
\begin{slide}
  ...
\end{slide}
%
\begin{slide}
  ...
\end{slide}
%
 
\end{document}
====================================


§3 サンプル

以下をコピペして確認してみてください.

コンパイルは
platex xxx + dvipdfmx xxx
あるいは
ptex2pdf -l xxx

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[a4paper,landscape,dvipdfmx]{slides}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{xcolor}
\usepackage{txfonts}
\usepackage{coordsys}
\pagecolor{blue!20}
\pagestyle{plain}
%--------------------------
\title{\color{blue}複素数について}
\date{\today}
\author{天地有情}
%--------------------------

\begin{document}
\maketitle
\begin{slide}
{\Large\color{blue} 複素数の図表示について}

直交軸で$x$軸を実数,$y$軸を虚数とする座標面を
複素平面またはガウス平面という.このとき$x$軸を
実軸,$y$軸を虚軸という.
\end{slide}

\begin{slide}
{\Large\color{blue} 複素数の表示}

複素数 $a+jb$を複素数平面上で,点$p$は
$p(a+jb)$で定まる.

\centering
\unitlength=0.5mm
\begin{picture}(120,120)
\fcoordsys[5](0,0)(100,100)
\put(50,50){\circle*{10}}
\put(50,0){\line(0,1){75}}
\put(0,50){\line(1,0){75}}
\put(60,60){$p(a+jb)=p(50+j50)$}
\end{picture}
\end{slide}

\begin{slide}
{\Large\color{blue} 複素数の絶対値と偏角}

複素数 $a+jb$の絶対値は$\sqrt{a^2+b^2}$と定める.
偏角は $\tan\theta=\frac{b}{a}$ である.

\centering
\unitlength=0.5mm
\begin{picture}(120,120)
\fcoordsys*[5](0,0)(100,100)
\put(50,50){\circle*{5}}
\put(55,55){$a+jb$}
\put(0,0){\thicklines\line(1,1){50}}
\put(30,20){$\sqrt{a^2+b^2}$}
\put(10,3){$\theta$}
\end{picture}
\end{slide}
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

結果の一部は次の通りです.

slides01X.png








(以下を追加)

§4 jsarticleのスライド作成

jsclassesのクラスオプション[slide] によるスライド作成です.

以下をコピペして確認してみてください.

コンパイルは
platex xxx + dvipdfmx xxx
あるいは
ptex2pdf -l xxx

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
\documentclass[slide,papersize,dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{xcolor}
\usepackage{txfonts}
\pagecolor{blue!20}
%
%---------------------
\title{\TeX によるプレゼン}
\author{天地有情}
%---------------------
\begin{document}
\maketitle
\section{数式の例}
\[
\left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2=
\sum_{k=0}^\infty \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}
\]
\end{document}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

結果の一部は次の通りです.

slides02.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/12/03(土) 04:17:26|
  2. LaTeX Tools