天地有情

[LaTeX] iitem --- 箇条書き環境を簡素化する

§1 はじめに

\begin{itemize}の中に\begin {itemize}を書いて,さらに深く進んでいく
所謂,入れ子の状態は記述が煩雑でした.このパッケージを使用すると,

トップレベル:\item (従来通り)
第2レベル :\iitem
第3レベル :\iiitem
第4レベル :\ivtem

と書くことができます.勿論,description,enumerateなども使用できます.
(注)これらは\footnote{},\marginpar{}コマンドなどで使えません.

簡単な例:

\begin{itemize}
\item 1
\begin{itemize}
\item 2
\end{itemize}
\end{itemize}

と書くのではなく,

\begin{itemize}
\item 1
\iitem 2
\end{itemize}

と書きます.

同類のものとして,拙著ブログ easylist.sty ( http://konoyonohana.blog.fc2.com/blog-entry-98.html )
があります.合わせて,ご一読ください.


1.1 インストール

必要に応じて,CTAN( http://www.ctan.org/pkg/iitem )から
ダウンロードしてください.


1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc iitem を実行するか,
上記に同梱の iitem.pdf をお読み下さい.


§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {iitem}
  を記述します.

2.2 コマンド

トップレベル:\item (従来通り)
第2レベル :\iitem
第3レベル :\iiitem
第4レベル :\ivtem

§3 サンプル

(1)itemize環境

iitem01X.png





(2)enumerate環境

iitem02.png



(3)description環境

iitem03.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 04:25:49|
  2. LaTeX Tools