天地有情

[LaTeX] autobreak --- 長い数式を自動改行する

§1 はじめに

このパッケージは,amsmath パッケージの align環境内で 行/ページ をbreak します.
改行文字は改行の可能性のある候補とみなされ,パッケージは適切な場所に改行を入れ
ようとします.これは,長い数式に適しています.

1.1 インストール

必要に応じて,CTAN ( http://www.ctan.org/pkg/autobreak )から
ダウンロードしてください.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc autobreak を実行するか,
上記に同梱の autobreak .pdf をお読み下さい.


§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {autobreak}
  を記述します.

2.2 環境・コマンド

\begin{autobreak}
<long-equations>
\end{autobreak}


通常,
autobreak環境は、amsmathのalign環境で長い式の行をbreak するために使用されます.

■■■■■■■■■■
\begin{align}
\begin{autobreak}
....

\end{autobreak}
\end{align}
■■■■■■■■■■

※ 注意:
  (1)autobreak内に '\\'または '&'を置くと,これらの特別なものを挿入しようとすると,
     タイプセットエラーが発生します。

  (2)autobreak環境では、本体の式が占有できる最大幅として\linewidthが使用されます.

  (3)メイン文書ファイルから長い式を別のファイルに分けて,\input{file}を使って
     それらを含めることができます。

例えば,

  \begin{align}
  \begin{autobreak}
  \input{longeqn.tex} % ここ
  \end{autobreak}
  \end{align}


§3 サンプル

いくつかの例を挙げておきます.
(minipageで横幅を狭くして囲むと効果が良く表れると思います)

autobreak01.png


autobreak02.png


autobreak03.png


autobreak04.png


autobreak05.png


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/11/22(火) 04:25:06|
  2. LaTeX Tools