天地有情

[LaTeX] oubraces --- overbraces & underbraces の数式

§1 はじめに

数式をセグメント化し,セグメントあるいはセグメント間にoverbraces または underbraces
を付加します.これは,LaTeX標準の \overbrace, \underbrace では行うことができません.

oubracesパッケージは,配列またはテーブルのような列に視覚的な書式設定に基づいて
ソリューションを提供します.例えば,次のようなものです.

oubraces01.png


まず,式を書いて、各ブレースの先端のセグメントに分割します.この例では7つのセグメント
があります.各セグメントの間に&挿入と式のメインラインを入力します.

a + b +&c + d +&e + f&+&g + h&+ i + j&+ k + l + m

各ブレースの先端と末端を &記号で囲みます.(&先端 ... 末端&)

最終的には次のようになります.

\overunderbraces{&\br{2}{x}& &\br{2}{y}}%
{a + b +&c + d +&e + f&+&g + h&+ i + j&+ k + l + m}%
{& &\br{3}{z}}
= \pi r^2


1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc oubraces を実行するか,
上記に同梱の oubraces.pdf をお読み下さい.


§2 使い方

2.1プリアンブルに
  \usepackage {oubraces}
  を記述します.

2.2 コマンド

oubraces02.png



§3 サンプル

(1)

oubraces03.png


(2)

oubraces04.png

(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/09/15(木) 04:29:43|
  2. LaTeX Tools