天地有情

[LaTeX] ruby --- ruby関連 いろいろ

§1 はじめに

更新版: 2017/05/07 (一部修正)

ruby --- ruby関連 いろいろ

ruby関連のパッケージを集めました.

次のような種類が用意されています.

ruby01.png

§2 使い方

(1)okumacro.sty --- \ruby, \kenten

ruby02.png


(2)nruby.sty --- \ruby, \boten, \sparse

ruby03.png


   (a) インストール: http://mechanics.civil.tohoku.ac.jp/bear/bear-collections/style-files/nruby.sty
   
   (b) マニュアル: スタイルファイルの末尾がマニュアルとなっています.
   
(3)furikana.sty --- \kana, \Kana, \KANA

ruby04.png


   (a) インストール: http://homepage3.nifty.com/xymtex/fujitas2/texlatex/

   (b) マニュアル: スタイルファイルの冒頭がマニュアルとなっています.

(4)pxrubrica.sty --- \ruby, \jruby, \truby,..

ruby05.png


   (a) インストール: texlive および w32tex では標準で配布されています.
   
   (b) マニュアル: コマンドラインから texdoc pxrubrica を実行します.
            あるいは,pxrubrica.pdf をお読みください.
            texdoc rubrica で簡単な例が示されています.
   
   (c) 分かり易く説明されたものに http://qiita.com/zr_tex8r/items/42466cbcbeb670a3a2dc があります.

(5)prruby.sty --- \ruby, \fruby, \uruby

ruby06.png



   注意:本パッケージは昔,ネット上に存在しましたが現在は見当たりません.以下を参考にしてください.
      なお,prruby のパッケージ名は適当に命名したものです.

======================ここから==========================-

% オリジナル:LaTeX スタイル・マクロ ポケットリファレンス
% -- ルビを振るマクロ --------------------------------------
% \ruby{☆}{★} \fruby{☆}{★}
% \uruby[○]{☆}{★}
% ☆=本文 ★=ルビ ○=オプション

\def\ruby#1#2{{%
\leavevmode\setbox0=\hbox{#1}\setbox1=\hbox{\tiny#2}%
\ifdim\wd0>\wd1\dimen0=\wd0%
\hbox{\@ifundefined{kanjiskip}{\kanjiskip=\fill}%
{\kanjiskip=\fill}\vbox{\hbox to\dimen0{\tiny\hfil#2\hfil}%
\nointerlineskip\hbox to\dimen0{\hfil#1\hfil}}}%
\else%
\dimen0=\wd1\dimen1=\wd1\skip0=\wd1 plus 2pt minus 0pt%
\advance\skip0 by-\wd0\relax%
\hbox{\vbox{\hbox to\dimen0{\tiny\hfil#2\hfil}%
\nointerlineskip\hbox to\dimen0{#1\hfil}}}\@killglue\kern-\skip0%
\fi}}%

\def\fruby#1#2{{%
\leavevmode\setbox0=\hbox{#1}\setbox1=\hbox{\tiny#2}%
\ifdim\wd0>\wd1\dimen0=\wd0\else\dimen0=\wd1\fi%
\hbox{\@ifundefined{kanjiskip}{\kanjiskip=\fill}%
{\kanjiskip=\fill}\vbox{\hbox to\dimen0{\tiny\hfil#2\hfil}%
\nointerlineskip\hbox to\dimen0{\hfil#1\hfil}}}}}%

\def\uruby{\@ifnextchar[{\@uruby}{\@uruby[u]}}
\def\@uruby[#1]#2#3{{%
\leavevmode\setbox0=\hbox{#2}\setbox1=\hbox{\tiny#3}%
\ifdim\wd0>\wd1\dimen0=\wd0\else\dimen0=\wd1\fi%
\if#1n#2(#3)\else%
\if#1f#2\footnote{#3}\else%
\if#1t\hbox{\@ifundefined{kanjiskip}{\kanjiskip=\fill}%
{\kanjiskip=\fill}\vbox{\hbox to\dimen0{\tiny\hfil#3\hfil}%
\nointerlineskip\hbox to\dimen0{\hfil#2\hfil}}}%
\else\hbox{\@ifundefined{kanjiskip}{\kanjiskip=\fill}%
{\kanjiskip=\fill}\vtop{\hbox to\dimen0{\hfil#2\hfil}%
\nointerlineskip\hbox to\dimen0{\tiny\hfil#3\hfil}}}%
\fi\fi\fi}}%

\endinput

======================ここまで==========================-

スポンサーサイト
  1. 2016/07/14(木) 04:53:50|
  2. LaTeX Tools