天地有情

動画を LuaLaTeX 文書に埋め込む(3)

動画を LuaLaTeX 文書に埋め込む(3)

動画を作成したら,これを埋め込むための LuaLaTeX 文書 を作成します.
動画の拡張子は .swf あるいは .avi のどちらでも構いません.

さて,今回は lualatex を使用しますが,pdflatex を使う例は
動画をLaTeX文書に埋め込む(1)~(2)]を参照してください.

出来上がりの動画を[sample03.swf]とします.

§1.動画の拡張子が [.swf] の例

● LuaLaTeX 文書のサンプル
(lualatex で処理します)

----------------------------------------------------------
%% ファイル名:sample03.tex
%% 文字コード:UTF-8

01: \documentclass[14pt,hyperref={pdftex,pdfencoding=auto,bookmarksnumbered=true}]{beamer}
02: \usepackage{luatexja}
03: \usepackage[ipa]{luatexja-preset}
04: \usepackage{movie15}
05:
06: \begin{document}
07: \section{動画のテスト}
08: ムービテストを行います.

09: \bigskip

10: \includemovie[text=(sample)]{7cm}{7cm}{sample03.swf}
11: \end{document}
----------------------------------------------------------

● 説明

01行目: クラスファイルは beamer を使います.
02行目: 本文に和文を含むため luatexja を指定.
03行目: 日本語フォントは IPA フォント.
04行目: ムービ用パッケージ(必須)
なお,欧文のみなら02~03行は不要です.
06行目: 本文開始.
10行目: 動画(.swf)の取り込み.(必須)
11行目: 本文終了.

● コンパイルの仕方
次の順序でコンパイルします.

(1)lualatex sample03.tex (または luajitlatex sample03.tex)
(2)lualatex sample03
(3)lualatex sample03
(4)lualatex sample03

※ コンパイルスットプしても[Enter]キーを押して強行突破してください.

● 仕上がり
コンパイルが終了すると sample03.pdf が生成されます.
表示するには [Adobe Reader XI ]を使ってください.([SumateraPDF] では表示できません)

PDFを開き,(sample03)をクリックします.すると,
[セキュリティ上の問題が発生する可能性をふせぐため,...]
という注意が示されますので,右端の[オプション]をクリックして[今回のみこの文書を信頼する]を
選択します.再び,(sample03)をクリックすると動画が開始されます.

以下は動画の一場面を表示しています.

sample03


§2.動画の拡張子が [.avi] の例

● LuaLaTeX 文書のサンプル
(lualatex で処理します)

出来上がりの動画を[sample04.avi]とします.

----------------------------------------------------------
%% ファイル名:sample04.tex
%% 文字コード:UTF-8

01: \documentclass[14pt,hyperref={pdftex,pdfencoding=auto,bookmarksnumbered=true}]{beamer}
02: \usepackage{luatexja}
03: \usepackage[ipa]{luatexja-preset}
04: \usepackage{multimedia}
05:
06: \usetheme{Madrid}
07: \useoutertheme{shadow}
08:
09: \begin{document}
10: \section{Lua\TeX-ja で動画を}
11:
12: \begin{frame}{動画}
13: \begin{center}
14: フイルム画像をクリックしてください.
15: \movie[height=1.125in,width=1.5in,poster]{sample04}{sample04.avi}
16: \end{center}
17: \end{frame}
18: \end{document}
----------------------------------------------------------

● 説明

01行目: クラスファイルは beamer を使います.
02行目: 本文に和文を含むため luatexja を指定.
03行目: 日本語フォントは IPA フォント.
04行目: ムービ用パッケージ(必須)
なお,欧文のみなら02~03行は不要です.
09行目: 本文開始.
10行目: 動画(.avi)の取り込み.(必須)
18行目: 本文終了.

● コンパイルの仕方
次の順序でコンパイルします.

(1)lualatex sample04.tex (または luajitlatex sample04.tex)
(2)lualatex sample04
(3)lualatex sample04
(4)lualatex sample04

※ コンパイルスットプしても[Enter]キーを押して強行突破してください.

● 仕上がり
コンパイルが終了すると sample04.pdf が生成されます.
表示するには [Adobe Reader XI ]を使ってください.([SumateraPDF] では表示できません)

PDFを開き,(sample04)をクリックします.すると,
[セキュリティ上の問題が発生する可能性をふせぐため,...]
という注意が示されますので,右端の[オプション]をクリックして[今回のみこの文書を信頼する]を
選択します.再び,(sample04)をクリックすると動画が開始されます.

sample04A


以下は動画の一場面を表示しています.

sample04B


スポンサーサイト
  1. 2013/04/25(木) 15:05:28|
  2. pdflatex
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NTT jLaTeX 備忘録 | ホーム | lamed コマンドを使ってみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoyonohana.blog.fc2.com/tb.php/23-4ab400e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)