天地有情

[LaTeX] asciilist --- 簡潔な箇条書き

asciilist --- 簡潔な箇条書き

§1 はじめに

asciilistパッケージは,2つの環境(AsciiList環境,AsciiDocList環境)を提供します.
個々の \itemマクロ や "\begin{}~\end{}" でネストされたリスト環境を入力することなく
箇条書きを組版します.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc asciilist を実行してください.

§2 使い方

2.1 プリアンブルに
   \usepackage {asciilist} を記述します.

2.2 主要な環境とコマンド

(1)AsciiList環境
   行の先頭に "単一の特定の文字" でリストレベルの項目がタイプセットができるリスト環境です.
   文字とリストレベルとの間のマッピングは,リスト全体のために固定されています.

(2)コマンド
   AsciiList[<environments>]{<item-chars>}
   
   <environments>: itemize, enimerate, description など.(デフォルトは itemize)
           この他に,chapter, section, section*, subsection, paragraph もあります.
   <item-chars> : 行の先頭の単一文字(カンマで区切って高レベル順に指定.e.g. {+,-,*,/})

(3)AsciiDocList環境
   AsciiList環境と類似しており,本編では割愛します.


§3 AsciiList環境のサンプル

(1)

asciilist01.png


この例では,スペースでインデントが行われていますが,パッケージ自体は,
異なるレベルでもアイテムのインデントを必要としません.
アイテム・レベルは,単に行の最初の文字によって認識されています.

----------------------------------------

(2)

asciilist02.png


4行目にオプション[enumerate] を指定しています.無指定の場合は [itemize] を指定
したことになります.

----------------------------------------

(3)

asciilist02x.png


オプション[itemize,enumerate] を指定しています.
第1レベルが itemize, 第2レベル以降が enumerate となります.

----------------------------------------

(4)

asciilist03.png


AsciiList環境はtemize, enumerate,またはdescriptionなどのリストだけの環境よりも
多くを使用することができます.例えば,
セクショニング(chapter, section, section*, subsection, paragraph etc.)を使用することができます.

----------------------------------------

(EOF)


スポンサーサイト
  1. 2016/05/25(水) 07:24:22|
  2. LaTeX Tools