天地有情

[LaTeX] threeparttable --- 表の直下に脚注をつける

threeparttable --- 表の直下に脚注をつける

§1 はじめに

tabular 環境の中では \footnote コマンドは使用できません.
代わりに \footnotemark で脚注の位置を指定し,\footnotetext で
脚注を記述します.もちろん,本文の下の脚注に表示されます.

threeparttableパッケージを使うと "表の直下" に脚注を付けることができます.
本パッケージ はキャプションの後に,構造化されたノートのセクションをもつ
テーブルのためのスキームが提供されます.具体的には
"キャプション部", "作表部", "脚注部" の3部構成となっています.
なお,threeparttable 自体はフロートではないことに注意してください.
必要に応じて,table または table*環境 に配置することができます.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc threeparttable を実行してください.


§2 使い方

(1)プリアンブルに
  \usepackage {threeparttable} を記述します.
  
(2)基本的な書式

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
%%% キャプション部 %%%
\begin{threeparttable}
\caption{...}\label{tbl:xxx}

%%% 作表部 %%%
\begin{tabular}[t,c,b]{カラム仕様} %(default=t)
a & b & c \tnote{a}\\
d & e & f \tnote{b}
\end{tabular}

%%% 脚注部 %%%
\begin{tablenotes}[para,flushleft,online,normal] %(default:normal)
\item[a] ......
\item[b] ......
\end{tablenotes}
\end{threeparttable}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(注)
・キャプションは,"作表部" の後に行くことがあります.
・キャプション と 脚注は,テーブルの本体に等しい幅が与えられます.
・標準で対応する表パッケージはtabular, tabular*, tabularx の3種です.
ただし,カスタム化可能となっております.例えば,threeparttable.sty中の
line.117の次に\TPT@hockarg{easytable}を追加すると,easytableの機能が
利用できます.(サンプル(2)を参照)

§3 サンプル

(1)標準的なテーブル

3part01.png


・作表部に記述の \tnote{記号} で脚注記号が指定できます.
・脚注部には \item[記号] 説明文 で脚注が作成されます.
・記号の指定は任意です.(a,b,c,... 1,2,3,... i,ii,iii,... など)
・脚注は表横幅で折り返しとなります.必要に応じてオプションを付けます.
[flushleft] は表横幅の最左側に脚注が表示されます.
[online] は表横幅の最左側に脚注記号が通常サイズで表示されます.
[para] は表横幅の最左側に余白が付加された脚注が表示されます.
・threeparttable での作表は非フロート となります.




(2)カスタマイズ化テーブル(easytableを付加)

threeparttable.sty抜粋
=============================
115 \TPT@hookin{tabular}%
116 \TPT@hookarg{tabular*}%
117 \TPT@hookarg{tabularx}%
118 \TPT@hookarg{easytabule}% <--これを追加
119 \let\TPToverlap\relax}%
=============================

3part02.png


(注)
easytable は http://www.ctan.org/pkg/easytable からダウンロードできます.


(EOF)
スポンサーサイト
  1. 2016/05/23(月) 04:32:58|
  2. LaTeX Tools