天地有情

[LaTeX] captdef/capt-of --- 非フロート環境で図表にキャプションを付ける

captdef/capt-of --- 非フロート環境で図表にキャプションを付ける

§1 はじめに

figure環境 や table環境 以外では \caption が使えません.この環境でしか
\@captype というマクロが定義されていないためです.このマクロは
図のキャプションか,表のキャプションかを表していて,

   \def\@captype{figure}
    あるいは
   \def\@captype{table}

のように指定することにより,他の場所でも \caption が使えるようになります.

captdef.sty あるいは capt-of.sty はこのマクロを取り込んで簡単に利用
できるようにしています.この両パッケージは機能的に同等です.

1.1 インストール

TeXLive/W32TeX などには標準でインストールされています.

1.2 マニュアル

コマンドラインから texdoc captdef あるいは texdoc capt-of を実行してください.

§2 使い方

2.1 captdef の使い方

(1)プリアンブルに
   \usepackage {captdef} を記述します.

(2)コマンド

  \figcaption{<caption>}
  \tabcaption{<caption>}
  
(3)サンプル

capt01.png



2.2 capt-of の使い方

(1)プリアンブルに
   \usepackage {capt-of} を記述します.

(2)コマンド

  \captionof{figure}{<caption>}
  \captionof{table}{<caption>}
  
(3)サンプル

capt02.png

(EOF)

スポンサーサイト
  1. 2016/05/09(月) 07:12:16|
  2. LaTeX Tools